革靴はエイジングで10年履ける!選び方や長持ちさせる手入れ方法!

今回は、革靴はエイジングで10年履ける?という疑問について解説していきます。

10年履ける革靴の選び方・革靴を長持ちさせる方法なども紹介していきますので、しっかりポイントを抑えて、自分の足に馴染んだ世界に一つだけの革靴を育てていきましょう。

革靴はエイジングで10年履ける

革靴はエイジングで10年履くことが可能です。

革靴を長持ちさせるには、長く履ける革靴選びと定期的なお手入れが重要になります。

それらのポイントを押さえておけば、10年、長ければ20年以上愛用し、エイジングを楽しむことができます。

反対に、どんなに高価な革靴でもお手入れを怠ってしまうと劣化していく一方で、結果的に消耗品として履きつぶすことになってしまいます。

革靴の手入れの頻度!革靴の状態や履く頻度や環境によって変わる!
革靴の手入れの頻度や方法、注意点などについて詳しく説明します。革靴の手入れに関する基本的な知識やコツを身につけて、革靴のお手入れを楽しみましょう。革靴の手入れは、革靴の寿命を延ばし、革靴の魅力を引き出すことができます。

革靴のエイジングとは

革靴を10年履くために知っておきたいエイジングとは、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

  • 革靴のエイジング
  • エイジングの魅力
  • エイジングの種類と特徴

革靴のエイジング

革靴のエイジングとは、革の経年変化のことです。

革は使い込むほどに色や光沢、柔らかさなどが変化して、個性的な風合いを醸し出します。

エイジングの魅力

革靴のエイジングの魅力は、使い込むほどに色や光沢、柔らかさなどが変化して、自分だけの一点ものになることです。

エイジングの種類と特徴

革靴のエイジングの種類と特徴は、革の種類や染色方法、仕上げによって異なります。

革の繊維が細かいコードバンや、色が変化するタンニン鞣しの革、起毛感のあるスエードなど、それぞれに魅力的な風合いを醸し出します。

10年履ける革靴の選び方

10年履ける革靴を選ぶ際には、以下のポイントを抑えておきましょう。

  • ソールの交換が可能な革靴を選ぶ
  • 本革が使われている革靴を選ぶ

では、詳しく説明していきます。

ソールの交換が可能な革靴を選ぶ

ソールの交換が可能な革靴を選びましょう。

ソールが交換できる革靴は、「グッドイヤー・ウェルト製法」「マッケイ製法」の2種類です。中でもグッドイヤー・ウェルト製法で作られた革靴は、ソール交換が2~4回でき、長ければ10年以上履けると言われています。

マッケイ製法のソール交換は1~2回程度で、寿命は3~6年程度と、グッドイヤー・ウェルト製法の革靴に比べると履ける期間は短くなっています。

本革が使われている革靴を選ぶ

本革が使われている革靴を選びましょう。

合成皮革は素材の特性上経年劣化を避けられず、10年履くことは難しいです。本革であるからこそ、日々のお手入れや補修をしながら長く使い続けることができるのです。

本革の中でも、革靴の素材で最も一般的であるスムースレザーを選ぶのが良いでしょう。スムースレザーには特別な加工が施されていないので、お手入れを簡単に行うことができます。

革靴を長持ちさせる方法

革靴を長持ちさせるためには、以下の4つの方法を実践しましょう。

  • こまめにブラッシングをする
  • 定期的に靴磨きをする
  • 複数の靴をローテーションする
  • 汚れや傷を放置しない

では、これらの方法について説明していきます。

こまめにブラッシングをする

革靴を長持ちさせるためには、こまめにブラッシングを行いましょう。

革靴に付着したほこりや細かいゴミを放置していると、革を乾燥させてしまいひび割れを起こす原因となります。ひび割れはお手入れで隠すことはできますが、元に戻すことはできません。ブラッシングは履いた後必ず行い、しっかりほこりやゴミを取り除きましょう。

定期的に靴磨きをする

定期的に靴クリームを使った靴磨きを行いましょう。

靴クリームを塗り込むことで革に水分と油分を与え、乾燥によるひび割れや劣化を防ぐことができます。靴クリームを使ったお手入れは月に1回は行うようにしましょう。定期的に行うことで、何もしないよりもグッと革靴を長持ちさせることができます。

複数の靴をローテーションする

毎日同じ革靴を履くのではなく、複数の靴をローテーションしましょう。

毎日同じ革靴を履くことで、当然ですがその革靴にかかる負担は大きく劣化を早めてしまいます。できれば3足以上をローテーションで履くことをおすすめします。履いていない革靴はしっかりと内側の湿気を乾燥させることで、悪臭やカビも防ぐことができます。

革靴のカビ取りを家にあるものでする方法!手順も詳しく解説!
家にあるもので革靴のカビ取りをする方法を手順もあわせて解説します。メリット・デメリットもあります。取り除いた後にすることも紹介します。酷い時は業者に頼みましょう。その際の金額もあわせて。そもそも生える原因も!

 

汚れや傷を放置しない

汚れや傷を放置しないようにしましょう。

革靴は地面に接しているため、どうしても汚れや傷が付きやすいです。深い傷やひどい汚れが付着してしまった場合は、専門店に修理を依頼しましょう。また、一番負担のかかりやすいソールやかかと部分も、減り具合を定期的にプロに見てもらい必要であれば補修をお願いしましょう。

自分でするのが難しい場合はユアマイスターに依頼するという手もあります。

  • 擦り傷やひっかき傷が目立つ
  • 色褪せや汚れが目立つ
  • カビが生えてしまった
  • 靴底がすり減ってきた

そんな革靴も、ユアマイスターの修理サービスで蘇らせることができます!

ユアマイスターの修理サービスの特徴

  • 豊富な経験を持つ職人が修理
  • 無料見積もり
  • 全国対応
  • 靴の種類や素材に合わせた修理
  • アフターフォローも充実

ユアマイスターで修理できる汚れや傷

  • 擦り傷
  • ひっかき傷
  • 色褪せ
  • 汚れ
  • カビ
  • 靴底のすり減り

修理例

  • 傷の補修
  • 色補修
  • 染め直し
  • クリーニング
  • 靴底の交換

汚れや傷を消して、新品同様の輝きを取り戻しましょう!

エイジングに向かない素材

エイジングに向かない革靴の素材は、ガラスレザーです。

ガラスレザーはビジネスシューズによく使われる素材のひとつです。顔料と合成樹脂で革をしっかりとコーティングしているので、強い光沢を持ち更に撥水力も強く、雨の日でも心配することなく履くことができる優れものです。

しかし、しっかりとしたコーティングの影響で、革本来の変化を感じることができないので、エイジングには向かない素材と言われています。

革靴を長く履く注意点

革靴を長く履く注意点は、靴べら、フィット感、革の種類、革の硬さ、革靴の製法、革靴の仕上げという6つのことです

これらのことに気をつけることで、革靴の履き心地や耐久性を高めることができます。

靴べら

革靴を長く履く注意点は、靴べらを使って丁寧に履くことです。

靴べらを使うことで、靴のかかとや甲の部分を傷めることを防ぐことができます。また、靴べらは靴の型崩れを防ぎ、通気性を高める効果があります。

フィット感

革靴を長く履く注意点は、靴のフィット感を確認することです。

靴のフィット感は、靴の幅や高さ、かかとの部分などに注意することが大切です。靴のフィット感が悪いと、靴ずれや痛みの原因になります。また、靴のフィット感は、靴紐の結び方や靴ツリーの使用によっても調整することができます。

足のサイズ

革靴を長く履く注意点は、足のサイズに合わせて靴のサイズを選ぶことです。

足のサイズは、足の長さや幅、甲の高さなどによって異なります。足のサイズに合わない靴は、靴ずれや痛みの原因になります。また、足のサイズは、時間帯や季節によっても変化することがあります。足のサイズは、靴を買う前に測ることがおすすめです。

革の種類

革靴を長く履く注意点は、革の種類に合わせたケアをすることです。

革の種類は、牛革や羊革、馬革など様々な種類があります。革の種類によっても、革靴の柔らかさや伸びやすさ、エイジングの仕方が変わります。革の種類に合わせたケア用品を使うことで、革靴の状態を良く保つことができます。

革の硬さ

革靴を長く履く注意点は、革の硬さに合わせた履き方をすることです。

革の硬さは、革靴の型崩れや履き心地に影響します。革の硬さは、革靴の製法や仕上げによって異なります。革の硬さに合わせて、革靴の履きならしや休ませ方を工夫することが大切です。

革靴が硬いときに柔らかくする8つ方法を徹底解説!履き心地が違う!
革靴が硬い時、柔らかな履き心地を得るための革靴の柔らかくする方法、靴クリームのおすすめ、注意点、デメリット、寿命への影響などをまとめました。効果的で持続的なケアで、柔らかい革靴を快適に履くための知識が満載です。

革靴の製法

革靴を長く履く注意点は、革靴の製法に合わせた修理をすることです。

革靴の製法は、グッドイヤーウェルト製法やブレイク製法など様々な種類があります。革靴の製法によっても、革靴の強度や耐久性、修理のしやすさが変わります。革靴の製法に合わせて、革靴のソールの交換やヒールの補修などを行うことができます。

革靴の仕上げ

革靴を長く履く注意点は、革靴の仕上げに合わせた靴磨きをすることです。

革靴の仕上げは、オイル仕上げやワックス仕上げなど様々な種類があります。革靴の仕上げによっても、革靴の色や光沢、エイジングの仕方が変わります。革靴の仕上げに合わせて、革靴のブラッシングやクリームを塗るなどを行うことができます。

革靴が長持ちする手入れ方法

革靴を長持ちさせるためには、靴クリームを使ったお手入れを月に1回行いましょう。

手入れ方法は以下の通りです。

  1. 革靴にシューキーパーを入れて、馬毛ブラシで表面をブラッシングしほこりや細かいゴミを取り除きます。
  2. 靴クリーナーを柔らかい布に染み込ませて、革表面に付着した汚れを拭っていきます。
  3. 靴クリームを布に取り、革靴に塗り込んでいきます。靴クリームは必ず靴の色に合った色の物を使用しましょう。
  4. 豚毛ブラシでしっかりとブラッシングします。靴クリームを革に馴染ませるために、強めの力でゴシゴシ磨いていきましょう。
  5. 布で乾拭きして完成です。

革靴のエイジングに失敗しないために

革靴のエイジングに失敗しないためには、革靴のサイズやフィット感を確認する、革靴の素材や製法について知る、革靴の修理やメンテナンスを行うという3つのことが大切です。

これらのことを行うことで、革靴の状態を良く保ち、エイジングを美しくすることができます。

革靴のサイズやフィット感を確認する

革靴のエイジングに失敗しないためには、革靴のサイズやフィット感を確認することが重要です。

革靴のサイズは、足のサイズに合わせて選ぶことが大切です。靴のサイズが合わないと、靴ずれや痛みの原因になります。また、靴のフィット感は、靴の幅や高さ、かかとの部分などに注意することが大切です。

革靴の素材や製法について知る

革靴のエイジングに失敗しないためには、革靴の素材や製法を知ることが重要です。

革靴の素材は、牛革や羊革、馬革など様々な種類があります。革の種類によって、エイジングの仕方が変わります。革靴の製法は、グッドイヤーウェルト製法やブレイク製法など様々な種類があります。革靴の製法によっても、修理のしやすさが変わります。

革靴の修理やメンテナンスを行う

革靴のエイジングに失敗しないためには、革靴の修理やメンテナンスを行うことが重要です。

革靴の修理は、ソールの交換やヒールの補修などがあります。革靴の修理を行うことで、革靴の寿命を延ばし、エイジングを維持することができます。革靴のメンテナンスは、ブラッシングやクリームを塗るなどがあります。

革靴のエイジングを楽しむコツ

革靴のエイジングを楽しむコツは、革靴の色や形に合わせたコーディネート、革靴の個性を引き出す小物、革靴の履き方や履き心地に注意することです。

これらのポイントを押さえることで、革靴のエイジングをより美しく見せることができます。

革靴の色や形に合わせたコーディネート

革靴の色や形に合わせたコーディネートは、革靴の色や形に合わせた服装を選ぶことです。春夏は明るい色の革靴を、秋冬は暗い色の革靴を選びましょう。

また、革靴の形はカジュアルやフォーマルによって変えると良いでしょう。

ラウンドトゥやモカシンはカジュアルな雰囲気に、ストレートチップやウイングチップはフォーマルな雰囲気に合います。

革靴の個性を引き出す小物

革靴の個性を引き出す小物は、個性を引き出す小物を使うことです。革靴の小物としては、靴下やベルト、時計などがあります。

靴下は革靴の色とコントラストをつけると良いでしょう。

例えば、黒の革靴には白やグレーの靴下を、茶の革靴にはネイビーやワインの靴下を合わせましょう。

ベルトは革靴の色と同じか近い色を選ぶと良いでしょう。例えば、黒の革靴には黒やグレーのベルトを、茶の革靴には茶やベージュのベルトを合わせましょう。時計は革靴の素材やスタイルに合わせると良いでしょう。例えば、本革の革靴には本革のバンドの時計を、スエードの革靴には金属のバンドの時計を合わせましょう。

革靴はエイジングで10年履ける?のまとめ

革靴を10年履くことは可能です。

10年履くためには、ソール交換できる・本革が使用されている…この2つのポイントを抑えて革靴選びをしましょう。

ただ、いくら長持ちする革靴を選んだからといって、お手入れを怠ってしまうと劣化はどんどん進んでいきます。毎日のブラッシング・月に1回の靴クリームを使ったお手入れを、しっかりと行うようにしましょう。

革靴はメンテナンス次第では、10年、20年と使用することが可能です。上質な革靴を選び、日々状態をチェックして、エイジングを楽しみましょう。

革靴
adminをフォローする
Shoes Kicker

コメント

タイトルとURLをコピーしました