革靴が硬いときに柔らかくする8つ方法を徹底解説!履き心地が違う!

革靴はエレガントでスタイリッシュですが、初めて履くと硬さを感じることがあります。

本記事では、硬い革靴を柔らかくする様々な方法や注意点、おすすめの靴クリーム、メリット・デメリットについて詳しく探っていきます。

快適な履き心地を手に入れるためのアプローチを見つけ出しましょう。

硬い革靴を柔らかくする方法

硬い革靴を柔らかくする方法は、以下になります。

  • クリームやオイルで馴染ませる方法
  • 歩いて自分の足に合わせる方法
  • 革靴を揉む方法
  • オリーブオイルを塗る方法
  • シューストレッチャーで革を伸ばす方法
  • 革伸ばしスプレーを吹きかける方法
  • 靴下や新聞紙を詰めて寝かせる方法
  • 靴磨き店に依頼する方法

この8つの方法について解説していきます。

クリームやオイルで馴染ませる方法

硬い革靴を柔らかくする方法は、クリームやオイルで馴染ませることです。

これにより革に潤いが与えられ、柔軟性が向上し、快適な履き心地を得ることが期待されます。異なる種類のクリームやオイルが利用可能で、革の種類や質感によって選択すると良いでしょう。

歩いて自分の足に合わせる方法

硬い革靴を柔らかくする方法は歩いて自分の足に合わせることです。

この方法は自然な形状変化を促し、徐々に足になじんでいくことが期待されます。初めは少し硬く感じるかもしれませんが、時間と共に履くたびに靴がフィットしていきます。少しずつ慣れていくことが重要です。

革靴を揉む方法

硬い革靴を柔らかくする方法として、靴を揉む方法があります。

この方法では、手で革靴を揉んで柔軟性を促進し、革に潤いを与えることが期待されます。揉む際には力を抑え、徐々に行うことが大切です。革の質感や厚みによっては、揉むことで表面に小さなしわができることがありますが、これは柔らかさの兆候となります。

オリーブオイルを塗る方法

硬い革靴を柔らかくする方法として、オリーブオイルを塗る方法があります。

オリーブオイルは革に潤いを与え、柔軟性を向上させることが期待されます。塗布する際には、適量を布に取り、均一に革靴に塗り込むことが重要です。ただし、過剰な量のオイル使用は革を劣化させる可能性があるため、適度な量で行いましょう。

シューストレッチャーで革を伸ばす方法

硬い革靴を柔らかくする方法として、シューストレッチャーを使用して革を伸ばす方法があります。

これは、シューストレッチャーを革靴に挿入し、革を広げて伸ばすことで、履き心地を改善し、硬さを軽減させる効果が期待されます。使用の際は、慎重に調整し過度な力を加えないように気を付け、靴の形状やサイズに合わせて調整することが重要です。

革伸ばしスプレーを吹きかける方法

硬い革靴を柔らかくする方法として、革伸ばしスプレーを使う方法があります。

この製品は革に潤いを与え、同時に伸縮性を向上させる役割があります。使用方法としては、スプレーを均一に靴全体に吹きかけ、その後、革を柔らかくするように揉んで形状に馴染ませます。吹きかける前に目立たない部分で試してから全体に使用することがお勧めです。

靴下や新聞紙を詰めて寝かせる方法

硬い革靴を柔らかくする方法として、靴下や新聞紙を詰めて寝かせる方法があります。

この方法では、湿気を含んだ新聞紙を靴に詰め込んだり、足に合った厚みの靴下を履かせて、形を整えることで柔らかさを促進します。通常は夜間に行い、しばらくそのまま寝かせておくことで、革が柔軟になることが期待されます。

靴磨き店に依頼する方法

硬い革靴を柔らかくする方法として、靴磨き店に依頼する方法があります。

専門の靴磨き師は革靴の素材や特性に精通しており、適切なケアを提供できます。靴磨き店では、靴に適したクリームやオイルを使用して革を柔らかくし、形状を整える作業が行われることがあります。この方法は、特に高級な革靴に適しています。

革靴を柔らかくする際におすすめの靴クリーム

革靴を柔らかくする際におすすめの靴クリームを大きく分けて2つ紹介します。

  • M.モウブレイ|デリケートクリーム
  • コロニル|1909 シュプリームクリームデラックス

この3つがどうしておすすめの靴クリームなのか詳しく解説していきます。

[DABLOCKS] デリケートクリーム

革靴を柔らかくする際におすすめの靴クリームは、[DABLOCKS] デリケートクリームです。

革製品の保護やケアに特化したクリームで、高品質な成分を使用しており、革に潤いを与えながら柔軟性を保ちます。デリケートな素材にも対応できるように開発されており、色落ちや変色のリスクを最小限に抑えるために注意深く設計されています。

コロニル|1909 シュプリームクリームデラックス

革靴を柔らかくする際におすすめの靴クリームは、コロニル|1909 シュプリームクリームデラックスです。

高品質な革製品に対するケアに特化したクリームで革に深い潤いを与え、柔軟性を回復させるとともに、表面を保護し光沢を与える役割が期待されます。デリケートな素材にも対応でき、革製品の風合いを損なわずにケアすることができます。

革靴を柔らかくする時に履く靴下は?

革靴を柔らかくする時に履く靴下は、できるだけ薄手で柔らかく、かつ靴がしっかりとフィットするような素材のものがおすすめです。

履く靴下の素材や厚みは、足と靴の間にできるすき間やクッションに影響を与えるため、柔らかさを求める際には適切な靴下を選ぶことが重要です。

革靴を柔らかくする時の注意点

革靴を柔らかくする時の注意点は、6つあります。

  • 靴の素材確認
  • 過剰な力避ける
  • 適切なクリーム選択
  • 均一なケア
  • 時間をかけること
  • 湿気に注意

これらの注意点に気を付けることで、革靴を柔らかくするプロセスをより効果的かつ安全に進めることができます。

革靴を柔らかくするのにNGな方法

革靴を柔らかくするのには避けるべきNGな方法がいくつかあります。

急激な温度変化や過度な水分、硬いブラシやガムの使用、不適切なクリームやオイル、そしてサイズアップの強引な手段は避けるべきです。これらの対策を守りつつ、慎重で適切なケアを行うことが、革靴を柔らかくするポイントです。

革靴を柔らかくするのにかかる時間

革靴を柔らかくするのにかかる時間は、短期間で即座に柔らかくすることは難しく、時間をかけて徐々になじませるのが良い結果を生むことがあります。

靴を履きながら自然な動きや体温で柔らかさを引き出す方法や、専用の柔軟剤やクリームを定期的に使用することで、数週間から数か月かかることが一般的です。

柔らかい革靴を維持する方法

柔らかい革靴を維持する方法 は、4つあります。

  • 革靴のサイズに合った靴を履く
  • 革靴を定期的にメンテナンスする
  • 革靴を濡らさないようにする
  • 革靴を長時間履かないようにする

なぜこの方法により柔らかい革靴を維持することができるのか詳しく解説していきます。

革靴のサイズに合った靴を履く

柔らかい革靴を維持する方法は、革靴のサイズに合ったものを履くことです。

適切なサイズの靴は、足に適した形状を維持しやすく、歩行時に革が無理な力を受けずに済みます。また、サイズが合っていることで革が過度に伸びず、形状が崩れにくくなります。

革靴を定期的にメンテナンスする

柔らかい革靴を維持する方法は、革靴を定期的にメンテナンスすることです。

常に汚れを取り除き、柔らかさを損なわないようにします。適切な革用クリームやコンディショナーを使用して、革に潤いを与えます。靴は通気性のある場所で保管し、湿気や乾燥から守ります。ひび割れや損傷が見られたら早めに修理を行い、靴の寿命を延ばします。

革靴を濡らさないようにする

柔らかい革靴を維持する方法は革靴を濡らさないようにすることです。湿気や水分は、柔らかさを損なう可能性があります。

雨天時には防水スプレーなどで靴をコーティングし、雨水から保護し、 雨が予測される場合は、防水カバーを使うなどの対策を取ります。湿気の多い場所での保管は避け、もし濡れてしまった場合は速やかに乾かしましょう。

革靴を長時間履かないようにする

柔らかい革靴を維持する方法は革靴を長時間履かないようにすることです。

革は長時間連続で履くことで圧迫され、形状が崩れる可能性があります。 複数の靴を交互に履くことも効果的です。また、中敷きの利用や通気性の良い素材を用いることで柔らかく維持することができます。

革靴を柔らかくする方法のメリット・デメリット

革靴を柔らかくする方法には、メリットとデメリットがあります。

この記事では、革靴を柔らかくする方法のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。革靴を柔らかくする方法を知って、自分の足に合った革靴を選びましょう。

メリット

革靴を柔らかくする方法のメリットは、以下の通りです。

  • 足にフィットして、履き心地が良くなる
  • 革の質感や光沢が増して、見た目が美しくなる
  • 革が傷つきにくくなって、耐久性が高まる

柔らかな履き心地で歩行の快適さも向上します。足の形に適応しやすくなり、長時間の着用も楽になります。

デメリット

革靴を柔らかくする方法のデメリットは、以下の通りです。

  • 時間や手間がかかる
  • 革にダメージを与える可能性がある
  • 革の色や形が変わる場合がある

過度な手入れや柔軟剤の誤った使用が革の耐久性を低下させ、劣化を早める可能性があります。時間や手間のことを考えると生活の余裕が必要になります。

革靴が硬い原因とは?

革靴が硬い原因とは、革の種類や厚さ、製法、保管方法などによって異なります。

この記事では、革靴が硬い原因となる各要素について説明します。革靴が硬い原因を理解していきましょう。

革の種類や厚さ

革靴が硬い原因とは、革の種類や厚さにも関係しています。

革には牛革などの動物の皮から作られる天然皮革と、合成樹脂などで作られる人工皮革があります。天然皮革は、動物の種類や部位によって、革の強度や伸縮性が異なります。

また、革の厚さも革靴の硬さに影響します。厚い革は、薄い革よりも柔軟性が低く、足に馴染みにくくなります。

製法

革靴が硬い原因とは、製法にも関係しています。

革靴の製法には、グッドイヤーウェルト製法やブレイク製法などがあります。しかし、この製法は、革靴の重量を増やし、硬くなりやすいという欠点があります。一方、ブレイク製法は、革靴の強度や耐久性が低くなるという欠点があります。

保管方法

革靴が硬い原因とは、保管方法にも関係しています。

革靴は、使用後に適切な手入れをして、湿気や直射日光を避けて保管する必要があります。また、革靴に直射日光が当たると、色が変わったり、硬くなる可能性があります。保管する際には、靴べらを使用して、革靴の形を整えることも大切です。

詳しくは以下の記事を参考にして下さい。

このページはありません | Shoes Kicker
靴に関することを徹底的に解説したブログメディア

革靴を柔らかくすると靴の寿命は短くなる?

革靴を柔らかくすることが靴の寿命を短くするとは限りません。

適切な方法で柔らかくすることで履き心地が向上し、快適に長く履くことができます。ただし、誤った手入れは、革の耐久性を低下させ、劣化を早める可能性があります。正しい手入れとメンテナンスを行うことで、柔らかさと靴の寿命の両方を両立させることができます。

硬い革靴を柔らかくする方法のまとめ

革靴は、高級感や上品さを演出できるファッションアイテムですが、硬い革靴は足に痛みや不快感を与えることがあります。

そこで、この記事では、硬い革靴を柔らかくする方法について、様々な手段や注意点を紹介しました。

まず、硬い革靴を柔らかくする方法としては、以下の8つがあります。

  • クリームやオイルで馴染ませる方法
  • 歩いて自分の足に合わせる方法
  • 革靴を揉む方法
  • オリーブオイルを塗る方法
  • シューストレッチャーで革を伸ばす方法
  • 革伸ばしスプレーを吹きかける方法
  • 靴下や新聞紙を詰めて寝かせる方法
  • 靴磨き店に依頼する方法

次に、革靴を柔らかくする際におすすめの靴クリームとしては、以下の2つがあります。

  • M.モウブレイ|デリケートクリーム
  • コロニル|1909 シュプリームクリームデラックス

また、柔らかい革靴を維持する方法としては、以下の4点があります。

  • 革靴のサイズに合った靴を履く
  • 革靴を定期的にメンテナンスする
  • 革靴を濡らさないようにする
  • 革靴を長時間履かないようにする

以上が、硬い革靴を柔らかくする方法のまとめです。

革靴を柔らかくする方法には、メリットとデメリットがあります。メリットは、足にフィットして履き心地が良くなることや、革の質感や光沢が増すことです。デメリットは、時間や手間がかかることや、革にダメージを与える可能性があることです。

革靴を柔らかくする方法を選ぶ際には、自分の革靴の種類や状態、目的や予算などを考慮してください。革靴を柔らかくすると、靴の寿命は短くなるという説もありますが、それは革の種類や製法、柔らかくする方法や頻度などによって異なります。

 

革靴を柔らかくすることで、革靴の魅力を最大限に引き出しましょう。

 

革靴
adminをフォローする
Shoes Kicker

コメント

タイトルとURLをコピーしました