靴は洗濯機とコインランドリーどちらで洗うのが良い?種類による!

この記事では、靴は洗濯機とコインランドリーどちらで洗うのが良いかという疑問に答えるために、靴の種類や素材、洗濯方法や注意点、洗濯頻度や手入れや保管方法などについて詳しく解説します。

靴を洗うことで、清潔で快適に履くことができますが、靴によっては洗濯機やコインランドリーで洗えないものもあります。

また、洗濯機とコインランドリーで洗う場合も、メリットとデメリットがあります。

靴は洗濯機とコインランドリーどちらで洗うのが良い?

靴は洗濯機とコインランドリーで洗えるものと洗えないものがあります。スニーカーや上靴はどちらでも洗えますが、革靴やブーツは水に弱いので手洗いが必要です。

洗う方法や注意点も靴の種類や素材によって異なります。

スニーカーや上靴

スニーカーや上靴 スニーカーや上靴は、洗濯機でもコインランドリーでも洗うことができます。

しかし、洗濯機では靴が傷んだり、洗濯機自体が故障したりする可能性があります。コインランドリーでは、専用の靴洗濯機を利用することで、安全に綺麗に洗うことができます。

革靴やブーツ

革靴やブーツ 革靴やブーツは、洗濯機やコインランドリーで洗うことはできません。

水に濡れると革が傷んだり、色落ちしたりするからです。革靴やブーツは、専用のクリーナーやブラシを使って手洗いする必要があります。また、乾燥や保管にも注意が必要です。

靴を洗濯機で洗うメリットとデメリット

靴を洗濯機で洗うと、手間がかからず、自宅で簡単に洗えるというメリットがあります。しかし、靴が傷んだり、洗濯機が故障したりするというデメリットもあります。

メリット

靴を洗濯機で洗うメリットは、手間がかからず、自宅で簡単に洗えることです。また、洗濯機の力で、手洗いでは落としきれない汚れもきれいになります。

デメリット

靴を洗濯機で洗うデメリットは、靴や洗濯機のダメージや乾燥の問題です。

洗濯機の中で靴が擦れたり衝突したりすると、靴が傷ついたり壊れたりする恐れがあります。また、靴の重さや硬さが洗濯機に負荷をかけて故障の原因になることもあります。さらに、乾燥機に入れると靴が縮むか変形する可能性もあります。

靴をコインランドリーで洗うメリットとデメリット

靴をコインランドリーで洗うと、靴や洗濯機に優しく、専用の靴洗濯機で綺麗に洗えるというメリットがあります。しかし、コインランドリーの利用には料金や時間がかかるというデメリットもあります。

メリット

靴をコインランドリーで洗うメリットは、靴と洗濯機にやさしく、綺麗に洗えることです。

コインランドリーの靴洗濯機は、靴に合わせて洗い、靴専用の洗剤や消臭剤を使います。乾燥機能もありますので、乾かすのに時間がかかりません。

デメリット

靴をコインランドリーで洗うデメリットは、料金や時間の面で不便なことです。

コインランドリーの靴洗濯機は、一回あたり数百円の料金がかかります。また、洗濯から乾燥までに約一時間ほどかかります。コインランドリーに行く時間や待ち時間も考えると、住んでいる場所によっては手間がかかるかもしれません。

他にも色々なデメリットがあります。

心配な方は、以下の記事を参考にして下さい。

コインランドリーで靴を洗うデメリット!靴クリーニングならOK!
コインランドリーでの靴の洗濯に隠されたリスクと、靴を長持ちさせるための適切なケア方法について解説します。靴の手洗い方法や専門クリーニングサービスの利点を紹介し、靴を美しく保つコツをお伝えします。

靴のコインランドリーの利用方法

靴をコインランドリーで洗う場合は、専用の靴洗濯機を使うことができます。靴洗濯機は、靴に合わせた洗剤や消臭剤を自動で投入し、洗濯から乾燥まで一貫して行います。

  1. 靴洗濯機の空き状況を確認する
  2. 靴洗濯機の操作パネルを操作する
  3. 靴を靴洗濯機に入れる
  4. 靴洗濯機の動作を待つ
  5. 靴を靴洗濯機から取り出す

使い方

  1. 靴洗濯機の空き状況を確認する
    1. 靴洗濯機は、一般的な洗濯機よりも少ないので、空いているかどうかを確認します。空いている場合は、靴洗濯機の前に靴を置きます。
  2. 靴洗濯機の操作パネルを操作する
    1. 靴洗濯機の操作パネルには、靴の種類やサイズ、洗濯コース、料金などが表示されます。靴の種類やサイズは、靴の裏に書かれているものと同じにします。洗濯コースは、通常、標準、強力の3種類から選べます。料金は、靴の種類やサイズ、洗濯コースによって異なりますが、一回あたり300円から500円程度です。操作パネルに従って、靴の種類やサイズ、洗濯コースを選択し、料金を支払います。料金は、現金や電子マネー、クレジットカードなどで支払えます。
  3. 靴を靴洗濯機に入れる
    1. 料金を支払った後、靴洗濯機の扉が開きます。靴を靴洗濯機に入れる前に、靴紐やインソール、金具類は外しておきます。靴を靴洗濯機に入れたら、扉を閉めます。
  4. 靴洗濯機の動作を待つ
    1. 靴洗濯機の扉が閉まったら、靴洗濯機が自動で動き始めます。靴洗濯機の操作パネルには、残り時間や洗濯状況が表示されます。靴洗濯機の動作は、約30分から60分程度かかります。
  5. 靴を靴洗濯機から取り出す
    1. 靴洗濯機の動作が終了したら、靴洗濯機の扉が開きます。靴を靴洗濯機から取り出します。靴は乾燥されているので、そのまま履くことができます。ただし、靴の形が変わっている場合は、形を整えてから履きます。

料金

靴洗濯機の料金は、靴の種類やサイズ、洗濯コースによって異なりますが、一回あたり300円から500円程度です。

靴洗濯機の料金は、現金や電子マネー、クレジットカードなどで支払えます。

かかる時間

靴洗濯機の動作は、約30分から60分程度かかります。

コインランドリーに行く時間や待ち時間も考慮すると、靴を洗うのにかかる時間は、約1時間から2時間程度です。

洗濯機で靴を洗う時の注意点

洗濯機で靴を洗う場合は、洗濯機の種類や洗濯コース、泥汚れなどの激しい汚れ、靴紐やインソールや金具類の取り外しといった点に注意する必要があります。

これらの点を無視すると、靴や洗濯機にダメージを与えたり、洗濯効果が低下したりする可能性があります。

洗濯機の種類や洗濯コース

洗濯機の種類や洗濯コースは、靴を洗う時に重要なポイントです。

洗濯機には、ドラム式と縦型式の2種類があり、靴に与える負担が異なります。また、靴専用の洗濯コースがあれば、靴に優しい洗濯ができます。

靴専用の洗濯コースがなければ、やさしい洗濯コースを選んでください。強い洗濯コースは、靴にダメージを与える可能性があります。

洗濯機の種類

洗濯機には、ドラム式と縦型式の2種類があります。

ドラム式の洗濯機は、靴を水平に回転させるので、靴に優しいと言われています。縦型式の洗濯機は、靴を上下に動かすので、靴に負担がかかると言われています。

しかし、どちらの洗濯機でも、靴を洗うことができます。ただし、洗濯コースに注意してください。

洗濯コース

靴を洗う場合は、靴専用の洗濯コースがあるかどうかを確認してください。

靴専用の洗濯コースは、靴に合わせた水量や回転数で洗うので、靴に優しいです。

靴専用の洗濯コースがない場合は、手洗いやデリケートなどのやさしい洗濯コースを選んでください。強力や標準などの強い洗濯コースは、靴にダメージを与える可能性があります。

泥汚れなどの激しい汚れ

泥汚れなどの激しい汚れは、洗濯機に入れる前に予洗いしておくことが重要です。

予洗いの方法は、靴の素材によって異なりますが、基本的には、水やぬるま湯で汚れを落とすか、ブラシや歯ブラシでこすって落とすかのどちらかです。予洗いをした後は、水気を切ってから洗濯機に入れてください。

汚れがひどい場合は、洗濯機で洗うのではなく、プロに任せることも検討してください。プロに任せると、靴の素材や形に合わせた洗浄方法で、靴を綺麗にすることができます。プロに任せる場合は、靴のクリーニング店や修理店などに相談してください。

靴紐・インソール・金具類は外す

靴紐やインソールや金具類は、洗濯機に入れる前に外しておくことが必要です。

これらの部分は、洗濯機の中で靴に絡まったり、引っかかったりすると、靴の表面や形が傷んだり、破れたりする可能性があります。また、靴紐やインソールや金具類は、靴本体とは異なる素材でできていることが多いので、洗濯方法も異なります。

靴をコインランドリーで洗う時の注意点

靴をコインランドリーで洗う場合は、泥汚れなどの激しい汚れは予洗いしておくことと、靴紐は外しておくことが必要です。

これらの点を無視すると、靴や靴洗濯機にダメージを与えたり、洗濯効果が低下したりする可能性があります。

泥汚れなどの激しい汚れは予洗いしておく

泥汚れなどの激しい汚れは、コインランドリーの靴洗濯機に入れる前に、水やぬるま湯で落としておくことが重要です。

コインランドリーの靴洗濯機は、靴専用の洗剤や消臭剤を使って洗いますが、汚れがひどい場合は、十分に落とせないことがあります。また、汚れが靴洗濯機の中で広がったり、他の人の靴に付着したりする可能性もあります。

靴紐は外しておく

靴紐は、コインランドリーの靴洗濯機に入れる前に外しておくことが必要です。

靴紐は、靴洗濯機の中で靴に絡まったり、引っかかったりすると、靴の表面や形が傷んだり、破れたりする可能性があります。また、靴紐は、靴本体とは異なる素材でできていることが多いので、洗濯方法も異なります。

靴の洗濯頻度はどのくらいが適切?

靴の洗濯頻度は、靴の種類や履く頻度で異なります。靴が臭いや汚れが気になるときに洗うのが良いですが、洗いすぎると靴が傷みます。革靴やブーツは水に弱いので洗わないで手入れし、スニーカーや上履きは月に1回から2回程度洗います。

靴クリーニングのプロに定期的に洗濯してもらおう

大好きな靴を、いつも清潔に!くつリネットで定期的な丸洗いを始めませんか?

靴を洗うのって、意外と面倒ですよね?

  • 洗剤でゴシゴシ擦るのは大変
  • 型崩れが心配
  • 靴紐やインソールまで洗えない

そんな悩みをお持ちの方、ぜひくつリネットの定期的な丸洗いサービスをお試しください!

くつリネット定期的な丸洗いサービスの特徴

  • プロによる丁寧な手洗い
  • スニーカー専用の洗剤を使用
  • 靴紐やインソールも丸洗い
  • 型崩れ防止対策もしっかり
  • 送料無料
  • 30日間返金保証

くつリネットで定期的に洗えば、こんなメリットがあります!

  • いつも清潔な靴を履ける
  • 靴の寿命を延ばせる
  • ニオイや汚れのストレスから解放される

詳細はくつリネット公式サイトでご確認ください。

靴の手入れや保管方法

靴の手入れや保管方法は、靴の種類や素材によって異なります。

革靴やブーツは、水分や汚れを拭き取り、靴クリームやワックスで磨き、布袋や箱に入れて湿気や日光を避けて保管します。スニーカーや上履きは、水分や汚れを拭き取り、布やブラシでこすり、布袋や箱に入れて湿気や日光を避けて保管します。

靴の手入れ方法

革靴やブーツの手入れ方法は、水分や汚れを拭き取った後、靴クリームやワックスを塗って磨きます。

靴クリームやワックスは、靴の色に合わせて選びます。革靴やブーツの手入れは、履く前や履いた後に行うことが望ましいです。

スニーカーや上履きの手入れ方法は、水分や汚れを拭き取った後、乾いた布やブラシでこすります。スニーカーや上履きの手入れは、履いた後に行うことが望ましいです。

靴の保管方法

革靴やブーツの保管方法は、通気性の良い布袋や箱に入れて保管します。

革靴やブーツは、湿気や直射日光を避けて保管します。革靴やブーツは、靴ツリーや新聞紙などで靴の形を整えてから保管します。

スニーカーや上履きの保管方法は、通気性の良い布袋や箱に入れて保管します。スニーカーや上履きは、湿気や直射日光を避けて保管します。スニーカーや上履きは、靴ツリーや新聞紙などで靴の形を整えてから保管します。

靴は洗濯機とコインランドリーどちらで洗うのが良い?のまとめ

靴は洗濯機とコインランドリーで洗えるものと洗えないものがあります。スニーカーや上靴はどちらでも洗えますが、革靴やブーツは水に弱いので手洗いが必要です。

洗濯機とコインランドリーで洗う場合は、それぞれのメリットとデメリット、注意点や利用方法を理解しておくことが大切です。

また、靴の洗濯頻度や手入れや保管方法も、靴の種類や素材に合わせて行うことが必要です。

靴を適切に洗って、清潔で快適に履くことができるようにしましょう。

adminをフォローする
Shoes Kicker

コメント

タイトルとURLをコピーしました