靴にガムがついたときの3つの取り方!度合いによって変わる!

この記事は、靴にガムがついたときの取り方について紹介します。

靴にガムがつくと、とても不快な思いをしますし、見た目も悪くなります。

ガムを取る方法はいろいろあります。時間が経っていない場合やこびりついた場合、ガムを溶かす方法や市販のグッズを使う方法など、状況に応じて適切な方法を選ぶことができます。

また、ガムを落とすときに気をつけることや、床についたガムの取り方も紹介します。

この記事を読めば、靴にガムがついたときにも慌てずに対処できるようになります。

靴にガムがついたときの取り方

 

靴にガムがついたときの取り方は、3つのパターンがあります。

1つ目は、時間が経っていない靴についたガムの取り方、2つ目は、靴にこびりついたガムの取り方、3つ目は、ガムを溶かしてから取り除く方法です。

それぞれ取り方を説明していきます。

時間が経っていない靴についたガムの取り方

時間が経っていない靴についたガムの取り方は、冷やして取る方法とレシートやポケットティッシュで取る方法があります。

これらの方法は、ガムが柔らかくなっているうちに簡単に取り除くことができます。

詳しく解説していきます。

まずは冷やして取る

時間が経っていない靴についたガムの取り方は、冷やして取る方法があります。

冷やして取る方法は、ガムがついた靴を冷凍庫に入れておくか、氷で冷やすことでガムを固めてから剥がす方法です。ガムが固まると、靴の素材に傷をつけずに取りやすくなります。冷やす時間は、ガムの量や種類によって異なりますが、約10分から30分程度が目安です。

レシートやポケットティッシュで取る

時間が経っていない靴についたガムの取り方は、レシートやポケットティッシュで取る方法があります。

ガムがついた靴を裏返して、ガムにレシートやポケットティッシュを押し付けてから剥がす方法です。レシートやポケットティッシュは、ガムに吸着して一緒に取れることがあります。この方法は、ガムが少量である場合に効果的です。

靴にこびりついたガムの取り方

靴にこびりついたガムの取り方は、大きく分けて4つあります。

  1. ガムがついた靴底を裏返しにする
  2. ガムに油をたらす
  3. 歯ブラシでこする
  4. ティッシュで拭き取る

これらについて詳しく解説していきます。

ガムがついた靴底を裏返しにする

靴にこびりついたガムの取り方は、ガムがついた靴底を裏返しにすることです。

これは、ガムがついている部分を見やすくするための方法です。靴底を裏返すと、ガムの形や位置がはっきりとわかります。靴底を裏返すときは、靴の上部や内側にガムが付着しないように注意してください。

ガムに油をたらす

靴にこびりついたガムの取り方は、ガムに油をたらす方法があります。

これは、ガムを柔らかくして取りやすくするための方法です。ガムには、サラダ油やオリーブ油などの食用油や、ベビーオイルやワセリンなどの化粧品用の油を使うことができます。油をたらすときは、ガムに直接たらすようにしてください。

歯ブラシでこする

靴にこびりついたガムの取り方は、歯ブラシでこする方法があります。

これは、油で柔らかくなったガムを削り取るための方法です。歯ブラシは、毛先が硬くないものを選んでください。歯ブラシでこするときは、靴の素材を傷つけないように力を加減してください。歯ブラシでこすったあとは、歯ブラシを水で洗ってください。

ティッシュで拭き取る

靴にこびりついたガムの取り方は、ティッシュで拭き取る方法があります。

これは、歯ブラシでこすったガムの残りを取り除くための方法です。ティッシュは、厚手で吸収力の高いものを使ってください。ティッシュで拭き取るときは、ガムが広がらないように注意してください。ティッシュで拭き取ったあとは、ティッシュを捨ててください。

ガムを溶かしてから取り除く方法

ガムを溶かしてから取り除く方法は、5つあります。

  • オレンジオイルを使う
  • 食用油を使う
  • 酢を使う
  • 除光液でガムを溶かす
  • アルコールでガムを溶かす

これらについて詳しく解説していきます。

オレンジオイルを使う

ガムを溶かしてから取り除く方法は、オレンジオイルの使用が挙げられます。

オレンジオイルに含まれる溶剤成分がガムを溶かし、取り除きやすくします。まず、オレンジオイルをガムに直接塗布し、数分間放置します。その後、柔らかくなったガムを布やペーパータオルで拭き取ります。ガムを取り除くだけでなく、爽やかな香りを残します。

食用油を使う

ガムを溶かしてから取り除く方法は、食用油の使用が挙げられます。

ガムに食用油を塗布し、数分間放置します。食用油に含まれる油脂がガムを溶かし、表面から浮き上がらせます。その後、柔らかくなったガムを布やペーパータオルで取り除きます。この方法は、家庭にある一般的な食材を使用して、簡単かつ効果的にガムを取り除くことができます。

酢を使う

ガムを溶かしてから取り除く方法は、酢の使用が挙げられます。

酢をガムに塗布し、数分間放置します。酢に含まれる酸がガムを溶かし、表面から浮き上がらせます。その後、柔らかくなったガムを布やペーパータオルで取り除きます。家庭にある一般的な食材である酢を使用して、簡単かつ効果的にガムを取り除くことができます。

除光液でガムを溶かす

ガムを溶かしてから取り除く方法は、除光液でガムを溶かす方法が挙げられます。

除光液をガムに塗布し、数分間放置します。除光液に含まれる溶剤成分がガムを溶かし、表面から浮き上がらせます。この方法は、除光液を使用することで、効果的にガムを溶かし、取り除くことができます。使用前に素材に対する影響をテストすることが重要です。

アルコールでガムを溶かす

ガムを溶かしてから取り除く方法は、アルコールでガムを溶かす方法が挙げられます。

アルコールは、ガムに含まれる糊質や樹脂を溶かす効果があります。アルコールをたらすときは、ガムに直接たらし、アルコールの量は、ガムの大きさに応じて調節してください。アルコールをたらしたあとは、歯ブラシでガムをこすって取ってください。

ガムがうまく取れないときは?

ガムがうまく取れないときは、市販のガム取りグッズを使う方法とクリーニング店に依頼する方法があります。

これらの方法は、自分でガムを取るのが難しい場合や、時間がない場合に便利な方法です。次に詳しく解説していきます。

市販のガム取りグッズを使う

ガムがうまく取れないときは、市販のガム取りグッズを使う方法があります。

ガムに専用のスプレーやジェルを吹きかけてから、付属のスパチュラやブラシでこすって取る方法です。市販のガム取りグッズは、ガムを固めたり溶かしたりして取りやすくする効果があります。市販のガム取りグッズは、ホームセンターやドラッグストアなどで購入できます。

クリーニング店に依頼する

ガムがうまく取れないときは、クリーニング店に依頼する方法があります。

ガムがついた靴を自分で落とすのは大変ですよね。

でも、くつリネットなら、ガム汚れもきれいに落としてくれます。

くつリネットは、靴のクリーニング専門店で、靴の素材や形に合わせて丁寧に手洗いしてくれます。しかも、送料無料で全国どこでも利用できます。

ガムがついた靴をそのままにしておくのはもったいないです。くつリネットで、靴を新品同様に蘇らせましょう。

画像をクリック!

ガムを落とすときに気をつけること

ガムを落とすときに気をつけることは、大きく分けて3つあります。

  • 靴を傷つけないようにする
  • 周りにゴミが散らばらないようにする
  • 使うものによっては色落ちやシミに

なぜ、これらのことに気をつけなければならないのか詳しく解説していきます。

靴を傷つけないようにする

ガムを落とすときに気をつけることは、靴を傷つけないようにすることです。

靴を傷つけないようにするには、ガムを剥がす前に冷やすと良いです。冷やすことでガムが固まり、靴の表面に引っかかりにくくなります。冷やす方法は、氷や冷凍庫を使うことができます。

周りにゴミが散らばらないようにする

ガムを落とすときに気をつけることは、周りにゴミが散らばらないようにすることです。

周りにゴミが散らばらないようにするには、ガムを剥がすときにビニール袋やティッシュを用意しておくと便利です。ガムを剥がしたらすぐにビニール袋やティッシュに包んで捨てましょう。ガムが床や壁に付着すると、掃除が大変になります。

使うものによっては色落ちやシミに

ガムを落とすときに気をつけることは、使うものによっては色落ちやシミになる点です。

色落ちやシミにならないようにするには、ガムを落とす方法を靴の素材に合わせて選ぶ必要があります。例えば、革靴の場合は、アルコールなどの溶剤を使うと色落ちやシミになる可能性があります。その場合は、中性洗剤や石鹸水を使ってガムを落としましょう。

床についたガムの取り方

床についたガムの取り方は、ガムを氷で冷やして固めた後、ヘラで剥がし、除光液やベンジンで拭き取るという手順で行います。

これらの方法を使えば、床についたガムをきれいに落とすことができます。これらについて詳しく解説していきます。

ガムを氷で冷やす

床についたガムの取り方は、ガムを氷で冷やすことです。

ガムを氷で冷やすには、ガムの上に氷を乗せてしばらく待ちます。次に、氷が溶けたら、ガムが固まっているか確認します。固まっていなければ、氷を補充して繰り返します。この工程でガムを冷やすことができます。

ヘラでガムを取る

床についたガムの取り方は、ヘラでガムを取ることです。

ヘラでガムを取るには、固まったガムをヘラの先でそっとこそげます。力を入れすぎると、床を傷つける可能性があるので注意しましょう。ガムが剥がれたら、ヘラの先に付いたガムをティッシュなどで拭き取ります。

除光液やベンジンで拭き取る

床についたガムの取り方は、除光液やベンジンで拭き取ることです。

除光液やベンジンで拭き取るには、ガムの跡が残っている部分に除光液やベンジンを染み込ませた布や綿棒を当てます。しばらく置いたら、拭き取ります。床の素材によっては、除光液やベンジンが色落ちやシミを引き起こすことがあるので、注意してください。

靴にガムがついたときの取り方のまとめ

この記事では、靴にガムがついたときの取り方について紹介しました。

ガムがついたばかりの場合は、冷やして固めてからレシートやポケットティッシュで取り除くのが簡単です。ガムがこびりついてしまった場合は、靴底を裏返して油をたらし、歯ブラシでこすってからティッシュで拭き取ります。

ガムを溶かしてから取り除く方法もありますが、靴の素材によっては色落ちやシミの原因になることがあります。オレンジオイルや食用油、酢、除光液、アルコールなどを使う場合は、注意してください。

ガムがうまく取れないときは、市販のガム取りグッズを試してみるか、クリーニング店に依頼するのが無難です。ガムを落とすときには、靴を傷つけないようにやさしく扱い、周りにゴミが散らばらないように気をつけましょう。

以上が、靴にガムがついたときの取り方のまとめです。

ガムに困らないように、ガムの捨て方にも気をつけましょう。

竹崎さんをフォローする
Shoes Kicker

コメント

タイトルとURLをコピーしました