コインランドリーで靴を洗うデメリット!靴クリーニングならOK!

靴は私たちの日常生活において欠かせないアイテムであり、適切なケアはその寿命を延ばし、快適さを保つために重要です。

しかし、忙しい毎日の中で、靴のお手入れ方法について正しく理解し、実践することはなかなか難しいものです。

特にコインランドリーでの靴の洗濯は手軽で魅力的に思えるかもしれませんが、実は多くのデメリットがあります。

この記事では、コインランドリーで靴を洗う際のリスクと、それに代わる適切な靴のケア方法について紹介します。

適切なケアを施すことで、愛用の靴を長く、美しく保つ秘訣を提供します。

コインランドリーで靴を洗うデメリット

コインランドリーでの靴洗いは、以下のようなデメリットが存在します。

  • 靴が痛む可能性がある
  • 色落ちすることがある
  • 洗浄効果が完璧ではない
  • 頑固な汚れは落ちにくい
  • 臭いが残る場合がある
  • 靴ひもがキツくなる
  • ソール部分の汚れが落ちにくい
  • 持ち運びが大変
  • 時間と手間がかかる

特に革靴、ゴルフシューズ、サッカーシューズ、長靴、スリッパ、ブーツ、パンプス、ハイカットスニーカーなどは、コインランドリーでの洗濯には不向きです。

靴が痛む可能性がある

コインランドリーでの洗濯は、強い回転力によって靴の形が崩れたり、素材が損傷したりするリスクがあります。

特に、靴の構造や素材がデリケートな場合、予期せぬダメージを受けることがあります。そのため、靴を長持ちさせたい場合は、コインランドリーでの洗濯は避けた方が賢明です。

色落ちすることがある

コインランドリーでの洗濯では、靴の色落ちや色移りが問題となることがあります。

洗濯機内での摩擦や、洗剤の化学反応により、靴の色が褪せたり、他の靴に色が移ったりするリスクが高まります。これにより、靴の見た目が大きく損なわれ、使用感にも影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

洗浄効果が完璧ではない

コインランドリーで靴を洗う際、洗浄効果が完全ではないことがしばしばあります。

特に溝や細かい部分の汚れが残ってしまうことがあります。

また、靴内部の汚れや臭いが根本的に除去されないこともあります。このように、コインランドリーでは表面的な汚れは落ちても、本質的な清潔さを得るには限界があると言えます。

頑固な汚れは落ちにくい

コインランドリーでの洗濯では、特に頑固な汚れの除去が難しいことがあります。

泥や油性の汚れなどの汚れは、落ちにくいです。これは、洗濯機の回転力や水流だけでは、汚れを根本から解消するには不十分だからです。そのため、頑固な汚れがつきやすい靴を洗う場合には、手洗いや専門のクリーニングサービスの利用を検討する方が良いでしょう。

臭いが残る場合がある

コインランドリーで靴を洗った後でも臭いが残ることがあります。

これは、洗濯機が靴の内部や繊維の奥深くにある汚れやバクテリアを完全に除去できないためです。靴の臭いを効果的に取り除きたい場合は、専門のクリーニングサービスを利用するか、手洗いで丁寧に内部を清掃する必要があります。

靴ひもがキツくなる

コインランドリーでの洗濯と乾燥過程は、靴ひもがキツくなる危険性があります。

高温と機械の強い作用により、靴ひもが縮んだり硬くなったりすることがあるからです。特に、天然素材でできた靴ひもは縮みやすく、使用感にも影響を及ぼします。靴ひもの寿命を延ばし、使用感を保持するためには、コインランドリーでの洗濯は避けたほうが賢明です。

ソール部分の汚れが落ちにくい

コインランドリーで靴を洗う際、ソール部分の汚れは特に落ちにくいです。

ソールの溝や細かな部分に入り込んだ泥や砂は、洗濯機の中での回転や水流だけでは完全には除去できません。また、ソールの汚れは滑りやすさにも影響を及ぼすため、安全上の理由からも適切な洗浄が求められます。専門的なクリーニングや手洗いが、より効果的です。

持ち運びが大変

コインランドリーで靴を洗う際、靴を持ち運ぶことは一苦労です。

特に重い靴や複数足を扱う場合、予想以上に手間と労力を要します。公共交通機関を利用する人にとっては、さらに大きな障壁です。そのため、自宅で手入れをするか、専門店に依頼する方が、時間も労力も節約できます。

時間と手間がかかる

コインランドリーで靴を洗うことは、時間と手間がかかる作業です。

洗濯から乾燥までのプロセスは、様々あり完成後の取り出しといった手間が伴います。特に乾燥には長い時間がかかります。急いでいる時や忙しい日常の中では、コインランドリーでの靴洗いは不便と感じることがあるでしょう。

革靴や繊細な靴は洗えない

コインランドリーでの洗濯は、以下のような靴は洗えません。

  • 革靴
  • ゴルフシューズ
  • サッカーシューズ
  • 長靴
  • スリッパ
  • ブーツ
  • パンプス
  • ハイカットスニーカー

これらの靴は手入れ方法を誤ると、形が崩れたり色落ちしたりするため、専門のクリーニングサービスを利用するか、推奨される手入れ方法で丁寧に扱う必要があります。

革靴

革靴はデリケートな素材であり、コインランドリーで洗濯することは推奨されません。

水や洗剤によって革が硬くなり、色が褪せたり、形が変わったりする可能性があります。適切なメンテナンスをし、専用のクリーナーやコンディショナーで、定期的に手入れをすることが大切です。

ゴルフシューズ

ゴルフシューズは、防水性や通気性を備えた特殊な素材で作られており、これらの機能を維持するためには適切なケアが必要です。

コインランドリーでの洗濯は、高温や強い回転がこのような特性を損なわせ、靴の性能を低下させる恐れがあります。適切な手入れを行うことで、ゴルフシューズは長持ちし、最適な状態を保つことができます。

サッカーシューズ

サッカーシューズは通常、軽量かつ耐久性のある特殊素材で作られているため、コインランドリーでの洗濯によって、その性質が損なわれる可能性があります。

例えば、洗濯機の強い回転や摩擦は素材を痛め、接着部分の解けや形状の変形を引き起こすことがあります。そのため、サッカーシューズのお手入れは、適切な対応が求められます。

長靴

長靴は主にゴムや防水性の高い合成素材で製造されており、これらの素材はコインランドリーでの高温乾燥や強い洗濯作用によって損傷する可能性があります。

特に、高温は素材を硬化させたり、変形させたりする原因になり得ます。そのため、長靴の清潔を保つには、手洗いや拭き取りが推奨され、形を保つためには自然乾燥が適しています。

スリッパ

スリッパは日常的に使用されるため頻繁に洗う必要がありますが、その素材は多岐にわたり、コインランドリーでの洗濯が適さない場合があります。

洗濯機の強い回転や、高温での乾燥は形状を崩す原因となり得ます。汚れた場合は手洗いまたは専用のクリーニング方法を選ぶべきです。乾燥させる際には、自然な風通しの良い場所で行うと良いでしょう。

ブーツ

ブーツの素材はコインランドリーでの洗濯によって水濡れや高温にさらされると、素材の劣化や変形、色落ちなどが生じる可能性があります。

特に革製のブーツは、水分を吸収しやすく、乾燥過程で革が硬くなったり、縮んだりすることがあります。適切なケアは、専門のクリーニングサービスに依頼することです。

パンプス

パンプスは形状を変えたり、装飾部分を痛めたりすることがあるため、注意が必要です。

汚れが気になる場合は、乾いた柔らかい布で軽く拭き取るか、軽い汚れであれば少し湿らせた布で優しく拭き取ることが推奨されます。

また、靴専門のクリーニングサービスを利用するのが最適です。これにより、パンプスを長く美しく保つことができます。

ハイカットスニーカー

ハイカットスニーカーは、そのデザインと構造から、コインランドリーでの洗濯には適していません。

汚れを落とす際は、乾いたブラシを使用して表面の汚れを優しく除去し、より頑固な汚れには少量の水と中性洗剤を使った手洗いが推奨されます。乾燥させる際には、良い通気性を持つ場所で行うことで、形を保ちながら自然乾燥させることが大切です。

自宅での靴の手洗い方法

自宅で靴を手洗いする際には、靴の材質や形状を損なわないよう、丁寧な手順を踏むことが重要です。

自宅での靴の手洗い方法

1.靴の中敷きや靴紐を外す
2.ブラシで泥やほこりを落とす
3.バケツにぬるま湯を張り中性洗剤を適量溶かす
4.靴をぬるま湯に浸す
5.汚れた部分をブラシや歯ブラシでやさしくこする
6.水を取り替えながら洗剤成分がなくなるまでしっかりとすすぐ
7.水気を切る
8.風通しのよい場所で陰干し

靴の中敷きや靴紐を外す

靴を手洗いする前に、中敷きと靴紐を取り外します。

取り外した中敷きや靴紐は、靴本体とは別に軽く手洗いすることで、汚れや臭いを効果的に取り除くことができます。細かな部分までケアを行うことで、靴全体の清潔さを保ち、快適な履き心地を維持することができるのです。

ブラシで泥やほこりを落とす

靴の表面の泥やほこりを、乾いたブラシを使って優しく落とします。

特に、乾燥した泥は水に触れると固まりやすいため、事前にブラシで取り除くことが必須です。このプロセスにより、洗濯機内での汚れの再付着を防ぎ、靴の素材を守りつつ、より深い清掃を実現します。ブラシを使った清掃は、靴の寿命を延ばす効果的なステップです。

バケツにぬるま湯を張り中性洗剤を適量溶かす

ぬるま湯をバケツに張り、中性洗剤を適量溶かします。

中性洗剤は靴の素材を傷めることなく、効果的に汚れを落とすことができます。ぬるま湯を使う理由は、熱水が靴の接着部分や素材を損傷する可能性があるからです。この方法なら、安全に靴を清潔に保つことができます。

靴をぬるま湯に浸す

靴をバケツの中に入れ、全体がぬるま湯に浸かるようにします。

この工程により、靴全体の汚れが柔らかくなり、後の洗浄が容易になります。しかし、この時、靴の素材によっては浸ける時間に注意が必要です。特に、革製や特殊素材を使用した靴は短時間で行い、すぐに洗浄作業に移ることが推奨されます。

汚れた部分をブラシや歯ブラシでやさしくこする

靴の汚れた部分をブラシや古い歯ブラシを使用して、やさしくこすり洗いします。

特に、細かい溝や縫い目に入り込んだ汚れは、通常の洗濯では落ちにくいため、このようにして特別な注意を払いながら洗う必要があります。

しかし、素材によっては摩擦に弱いものもあるため、力を入れすぎずに優しく行うことがポイントです。

水を取り替えながら洗剤成分がなくなるまでしっかりとすすぐ

洗剤を使って洗った後は、洗剤成分が残らないように、清潔な水で何度もすすぎます。

洗剤成分が靴に残ると、素材を傷めたり、肌に刺激を与えたりする可能性があるため、丁寧にすすぐ必要があります。すすぎ水が透明になるまで繰り返すことが、洗剤成分をしっかりと除去するための鍵となります。

水気を切る

洗濯後の水気を切る際には、靴の形を保ちながら余分な水分を優しく取り除くことが重要です。

この際、靴の形を崩さないように注意しながら行います。柔らかいタオルを使って靴の内外を軽く押さえるようにして水分を吸い取る方法がおすすめです。この工程を丁寧に行うことで、靴の形状や素材を守りながら効率的に水分を除去することができます。

風通しのよい場所で陰干し

最後に、直射日光を避けた風通しの良い場所で靴を陰干しします。

直射日光は靴の色褪せや素材の劣化を引き起こす可能性があるため、避けることが大切です。適切な場所での陰干しは、靴を効果的に乾燥させるだけでなく、その品質を長く保つためにも役立ちます。このようにして、靴を適切にケアすることで、快適に使用し続けることができます。

コインランドリーで洗うことが出来ない靴

コインランドリーでの洗濯は便利ですが、全ての靴が洗えるわけではありません。

コインランドリーで洗うことが出来ない靴は、以下の通りです。

・スパイク付きの靴
・長靴
・スリッパ
・安全靴
・高級スポーツシューズ
・装飾付きの靴
・接着剤を多用している靴

これらの靴は特殊な素材や構造を持っており、機械洗いによる損傷のリスクが高いためです。

スパイク付きの靴

スパイク付きの靴は、コインランドリーで洗濯するには適していません。

洗濯機の強い回転力により、スパイクが損傷したり、取れたりすることがあります。さらに、スパイクが洗濯機の内部構造に悪影響を与え、故障のリスクを高める恐れもあります。このような靴は、手洗いや専門のクリーニングサービスを利用することが推奨されます。

長靴

長靴は一般的に防水性と耐久性に優れた素材で作られていますが、コインランドリーでの洗濯は推奨されません。

洗濯機の中での回転や圧力によって、長靴の形が崩れたり、素材に亀裂が入ったりする恐れがあります。

また、高温での乾燥は素材を硬化させ、防水性能を低下させる可能性があります。

スリッパ

スリッパは素材が柔らかく形が崩れやすいため、コインランドリーでの洗濯は適していません。

洗濯機内の強い回転や圧力は、スリッパの形状を損ねる原因となり、また熱による乾燥は素材を硬化させることがあります。そのため、スリッパの清潔を保つには、手洗いや、素材に応じた適切な方法での洗浄が推奨されます。

安全靴

安全靴はコインランドリーでの洗濯は避けるべきです。

洗濯機の強い回転や熱は、安全靴の材質を損傷させたり、防護機能を低下させたりする可能性があります。安全靴を清潔に保つためには、表面を柔らかいブラシや布で拭く、または専用のクリーニングキットを使用するなど、手入れの方法を工夫する必要があります。

高級スポーツシューズ

高級スポーツシューズは、先進の素材や独自の技術を用いて製造されているため、コインランドリーでの洗濯は推奨されません。

洗濯機内での強い回転や水の圧力、熱による乾燥は、シューズの性能を特に損ね、形状の変形や素材の劣化、機能の低下を起こす恐れがあります。専門のクリーニングサービスの利用や、手洗いによるお手入れが適しています。

装飾付きの靴

装飾付きの靴は、コインランドリーでの洗濯は避けた方が良いでしょう。

装飾が取れたり損傷する恐れがあり、装飾部分の特殊な素材や接着剤が水や熱に弱く、洗濯によってその美しさや形状を保つことが難しくなります。装飾付きの靴を清潔に保つには、手洗いや専門のクリーニングサービスを利用することが適切です。

接着剤を多用している靴

接着剤を多用している靴はコインランドリーでの洗濯に不向きです。

洗濯機の熱や水の作用で接着部分が解けたり、弱くなったりする恐れがあります。これにより靴の耐久性が低下し、形状が崩れたり機能が損なわれたりする可能性があります。そのため、このタイプの靴を清潔に保つには、手洗いや専門のクリーニングサービスを利用する方が安全です。

コインランドリーで靴を洗うこと自体がダメな素材

コインランドリーでの洗濯は、一部の靴の素材に対しては適していません。コインランドリーで靴を洗うこと自体がダメな素材は以下の通りです。

・スエード
・ヌバック
・本革・天然皮革
・ナイロンメッシュ
・エナメル

これらの素材を使用した靴は、特性を理解し、適切な手入れ方法を選択することが大切です。

スエード

スエード素材の靴はコインランドリーで洗濯すると、水や洗剤により色落ちや形状の変形を引き起こしやすくなります。

この素材は特に水濡れや湿気に弱いため、洗濯機での洗浄は避け、専門のクリーニング方法や適切な手入れが必要です。スエードの独特な質感と見た目を保つためには、専用のブラシでのお手入れが推奨されます。

ヌバック

ヌバック素材の靴は、コインランドリーでの洗濯には適しません。

水分がヌバックの細かい起毛を損ない、靴の外観を劣化させる可能性があります。このため、ヌバックの靴は乾いたブラシで汚れを優しく払うか、専門のクリーニングサービスに頼むことが推奨されます。正しいケアで、ヌバック靴の美しさと質感を長く保つことができます。

本革・天然皮革

本革や天然皮革製の靴は、コインランドリーでの洗濯が不向きです。

水に濡れると素材が硬くなったり縮んだりし、靴の品質や形状に悪影響を及ぼします。特に水分や熱に敏感で、適切なケアをしないと革の質感が損なわれます。手入れには、乾いた布での拭き取りや専用の革用クリームでの保湿が推奨され、靴の美しさと寿命を延ばすことにつながります。

ナイロンメッシュ

ナイロンメッシュ素材の靴は、コインランドリーでの洗濯は避けるべきです。

洗濯機内での強い回転や圧力により、メッシュの網目が損傷したり、靴の形が崩れたりする恐れがあります。適切なお手入れには、手洗いや専門のクリーニングサービスの利用が推奨され、靴の耐久性と機能を保つことができます。

エナメル

エナメル素材の靴は、コインランドリーでの洗濯はできません。

洗濯によってエナメル表面が傷つき、割れたり色が褪せたりする可能性があります。そのため、エナメル靴のケアには、乾いた柔らかい布で優しく拭き取るなど、特別な注意が必要です。専門のクリーニングサービスを利用することも、エナメル靴を長持ちさせる一つの方法です。

靴のクリーニング専門店なら洗える

クリーニングでは洗えない靴もくつリネットなら完璧に汚れを落とせます。

新品同様に!

「くつリネット」は革靴やスニーカーなど特殊素材の靴も洗えるクリーニング専門店です。専用洗浄剤と技術で汚れや臭いをしっかり除去し、靴の美しさを保ちながらダメージを最小限に抑えます。靴を長持ちさせる専門店のメンテナンスで、日々の快適な歩みをサポートします。

くつリネットの3つのポイント

  • プロ仕様の洗浄力 頑固な汚れも、くつリネットで簡単につるつるピカピカに!
  • 素材を選ばない スエード、ヌバック、キャンバスなど、どんな素材にも安心して使えます。
  • 簡単&便利 洗濯機で洗えるので、手間いらず!

今なら、期間限定で送料無料です!

今すぐ画像をクリック!

コインランドリーで靴を洗うデメリットのまとめ

この記事では、コインランドリーで靴を洗う多くのデメリットと、代わりに自宅での手洗い方法や専門店を利用するメリットを解説しました。

コインランドリーで洗うデメリットは以下でした。

  • 靴が痛む可能性がある
  • 色落ちすることがある
  • 洗浄効果が完璧ではない
  • 頑固な汚れは落ちにくい
  • 臭いが残る場合がある
  • 靴ひもがキツくなる
  • ソール部分の汚れが落ちにくい
  • 持ち運びが大変
  • 時間と手間がかかる
コインランドリーでの洗濯は靴を傷めるリスクが高く、特にスエードや本革など特定の素材には不向きです。

自宅での丁寧な手洗いや、靴専門のクリーニングサービスの利用が推奨されます。

これらの方法を選ぶことで、靴を長持ちさせ、常に最良の状態を保つことができます。

adminをフォローする
Shoes Kicker

コメント

タイトルとURLをコピーしました