靴の数え方!片方と両方で違う?同じ?3足の読みは?英語では?

靴の正式な数え方って知っていますか。

基本的に一足、二足と数えると思いますが、それが片足の数え方なのか、両足セットで一足なのかわからなくなることもあるでしょう。

中には「一個」や「一組」と数える人もいると思います。

他にも物の数え方で、わからないものや間違えて使っているものもあるかもしれません。

物の数え方を正しく理解することは、社会人として必要な知識にもなります。

今回は、靴の数え方について紹介します。

靴の数え方

靴の正しい数え方を改めて聞かれると、悩んでしまいませんか。

靴を数える時には基本的な考え方があり、その考え方に合わせた数え方があるのです。

まずは、靴の正しい数え方を紹介します。

靴の単位は「足(そく)」

靴の正しい単位は「足(そく)」です。

「足(そく)」という靴の単位は、靴以外にも靴下や足袋でも同じで、一足二足と数えます。靴を商品として数える場合には、1セット2セットや1点、2点と数えることもありますが、基本的には「足(そく)」として数えるのが一般的です。

1足は両足?片足?

1足と数える場合には、両足セットになっている状態のものを指します。

靴は両足の2個あって靴としての役割になるので、1足は両足セットになっているものになるのです。他の数え方で1セットや1点と数える時も同様で、両足揃って1セット、1点と数えます。

片足を数える単位はない

基本的には、靴の片方を数える単位はありません。

靴は2つで1つという考え方が基本になっているものなので、片方だけを数える単位はないのです。あえて片足を数えるのであれば、「個(こ)」で数えるのが一般的になります。しかし、靴の片足を指す時には「片方」ということが多いかもしれませんね。

靴下の数え方

靴の数え方は「足(そく)」ということがわかりましたが、靴下はどのように数えるのでしょうか。

実は靴下の数え方は靴と同じでいいこともあれば、違う数え方をすることもあるのです。

次に靴下の数え方を紹介します。

靴と同じで「足(そく)」

靴下は靴と同じで「足(そく)」と数えます。

数え方は靴下の形状に関係なく、同じでどんな靴下でも一足、二足と数えるのが一般的です。靴下だけでなく、足に着用するものは靴と同じように単位は「足(そく)」になっています。

一組二組で数えることも

靴下を数える時には、一般的に「足(そく)」を使用しますが、一組、二組で数えることもあります。

靴に比べると、靴下の方が片方がなくなってしまう機会が多いことから、二個で一組の意味を込めて「組」を使うことがあるようです。一足は両足のことを言いますが、中には一足を片方の靴下だと勘違いしてしまうこともあるので、靴下を取り扱っている仕事では「一組」と数えることも。

基本的に靴でも靴下でも両足セットで使うものなので、「一足」でも「一組」でも2つセットでカウントすると、覚えておきましょう。

3足の読みは?

3足の読みは、「さんそく」です。

靴の数え方では、1足は両足のことを指します。つまり、3足は6本の靴ということになります。このように、靴の数え方では、足の数に2をかけたものが靴の本数になります。数え方の単位は、足の数に応じて変化します。例えば、1足は「いっそく」、2足は「にそく」、4足は「よんそく」、5足は「ごそく」。

これは「さんあし」と読むと片足と誤解される可能性があるためです。また、3足は「みつあし」と読むこともあるようですが、これは「三つ足」や「三脚」など、3本の足を持つものを指す場合の読み方です。したがって、3足の読みは「さんそく」と覚えておけば間違いないでしょう。

英語での靴の表記法

英語では、靴のことをどのように表記するのでしょうか。

英語には、日本語にはない複数形や単数形などの表記方法があり、実は靴でも複数形が使われているのです。

次に靴の英語表記について紹介します。

基本は複数形の「shoes」

靴を英語表記にすると複数形である「shoes」と表記します。

「shoe」に複数形の「s」が付いていることから、靴は2つで1つという考え方を表しているのです。他にも手袋や靴下、スリッパなど2つで1つになっているものはすべて複数形の表記になります。

日本語でもよく使われている「グローブ」という言葉も英語で表記すると「gloves」と、複数形になっているのです。

単数形の「shoe」の使い方

英語で片足の靴は、単数形の「shoe」と表記します。

英語では複数形と単数形の表記がきちんと分けられているので、日本語のように「靴」だけで複数形と単数形の意味を持つことはありません。

「shoe」は片方の靴という意味を持っているので使う時にはWhere is my shoe?のように「私の片方の靴はどこ?」といった使い方をします。

このように英語では、単語で複数なのか単数なのかが明確になっているのです。

珍しいものの数え方

靴の数え方は、「足(そく)」という単位を使い、足に着用するものも同様の単位が使われることがわかりました。

実は、他にも珍しいものの数え方があるのです。

最後に珍しいものの数え方を紹介します。

珍しい単位

珍しい単位として「脚(きゃく)」「卓(たく)」「丁(ちょう)」などがあります。

ソファーや椅子を一脚、テーブルを一卓、まな板を一丁と珍しい数え方があるのです。また、箸を一本と数えることもあると思いますが、正しくは「一膳」になります。

このようにものの数え方を正しく数えることができると、格好いいですね。

場面によって数え方が変わるもの

中には場面によって、数え方が変わるものもあるのです。

  • 羊羹
    切れた状態であれば「一切れ」
    切れていない一本の状態であれば「一棹(ひとさお)」
  • はがき
    文字を書き込む前は「一枚」
    文字を書いた後「一通」

このように同じものでも場面が違うことで、数える単位が変わるものもあるのです。

まとめ

今回は「靴の数え方」についてお話してきました。

靴の数え方は「足(そく)」という単位を使い、靴下など足に着用するものであれば、同様の単位を使って数えることができます。靴は基本的に2つあって初めて「靴」という役割を果たすので、片足の靴を数える単位はありません。どんなものでも数える単位のないものは「個(こ)」を使うのが一般的です。

靴は2つで1つという概念を持っておけば、自然と「一足」が両足の靴のことを表していることがわかります。

ものの数え方はさまざまでこんがらがってしまうこともありますが、正しい数え方を一つの知識として覚えておきましょうね。

adminをフォローする
Shoes Kicker

コメント

タイトルとURLをコピーしました