靴の乾かし方で室内で早くする方法!湿った靴は臭いやカビの原因に!

湿った靴は不快で、臭いやカビの原因にもなります。

室内で靴を効果的に乾かす方法や注意点、種類別のアプローチについて知っておくことは、靴のケアと長寿命に繋がります。

この記事では、室内での靴の乾かし方に関する実用的なアドバイスを紹介します。

室内で靴を乾かし方

湿った靴を速やかに乾かすためには、濡れた靴を乾かす前に行うべきことや、様々な方法があります。

新聞紙やキッチンペーパー、ペットボトル、お風呂場、扇風機、サーキュレーター、ドライヤーの冷風、シリカゲル乾燥剤、乾燥機、カイロなどを利用して、靴を素早く乾燥させる方法があります。

次に詳しく解説していきます。

濡れた靴を乾かす前にやるべきこと

濡れた靴を乾かす前にやるべきことは、汚れを落とすことと水気を切ることです。

濡れた靴をそのまま乾かすと、靴の素材や形が傷んだり、カビが発生したりする可能性があります。

そのため、乾かす前には、汚れを落とすことと水気を切ることが必要です。これらのことを行うことで、靴の寿命を延ばし、快適に履くことができます。

汚れを落とす

濡れた靴を乾かす前にやるべきことは、まず汚れを落とすことです。

濡れた靴には、泥や砂などの汚れが付着していることが多いです。これらの汚れは、靴の表面や縫い目に詰まって、靴の劣化を早めたり、乾燥時にシミになったりします。

そこで、濡れた靴を乾かす前には、柔らかいブラシや布で汚れを落とすことが必要です。

水気を切る

濡れた靴を乾かす前にやるべきことは、次に水気を切ることです。

水気が残っていると、靴の中に湿気がこもって、カビや臭いの発生につながります。水気を切る方法は、タオルや新聞紙などで水分を吸収させることが効果的です。

また、靴の中に詰め物をすることで、靴の形を保つこともできます。

濡れた靴を早く乾かす7つの方法

濡れた靴を早く乾かす7つの方法は、新聞紙、キッチンペーパー、ペットボトル、お風呂場、扇風機、サーキュレーター、ドライヤーの冷風です。

濡れた靴をそのまま放置すると、カビや臭いの原因になります。そこで、濡れた靴を早く乾かす方法を紹介します。

新聞紙

濡れた靴を早く乾かす方法の1つは、新聞紙を使うことです。

新聞紙は、水分を吸収する性質があります。濡れた靴の中にぎっしりと新聞紙を詰めて、靴の形を整えます。靴の外側にも新聞紙を巻いて、ゴムバンドで固定します。新聞紙が湿ったら、乾いたものと交換します。この方法は、靴の素材に関係なく使えます。

キッチンペーパー

濡れた靴を早く乾かす方法の1つは、キッチンペーパーを使うことです。

キッチンペーパーも、新聞紙と同じように水分を吸収する性質があります。濡れた靴の中にキッチンペーパーを詰めて、靴の形を整えます。キッチンペーパーが湿ったら、乾いたものと交換します。この方法は、新聞紙よりも吸収力が高いので、より早く乾かすことができます。

ペットボトル

濡れた靴を早く乾かす方法の1つは、ペットボトルを使うことです。

ペットボトルは、靴の中に空気を送り込むことで、乾燥を促進する効果があります。濡れた靴の中にペットボトルの口を差し込んで、ペットボトルを押したり引いたりします。この動作を繰り返すことで、靴の中の水分が蒸発しやすくなります。靴の素材が柔らかい場合に向いています。

お風呂場

濡れた靴を早く乾かす方法の1つは、お風呂場を使うことです。

お風呂場は、湿度が高く、温度が高い場所です。この環境は、靴の中の水分が蒸発しやすい状態を作り出します。濡れた靴をお風呂場に置いて、換気扇を回します。換気扇が空気を循環させることで、靴の乾燥を早めます。この方法は、靴の素材が熱に強い場合に向いています。

扇風機

濡れた靴を早く乾かす方法の1つは、扇風機を使うことです。

扇風機の風を靴に当てて、乾燥させます。扇風機は空気の循環を促進し、靴の表面や内部の水分を迅速に乾燥させるのに効果的です。扇風機の前にタオルを敷いて、水滴を受け止めます。扇風機の風は弱めにして、靴にダメージを与えないようにします。

サーキュレーター

濡れた靴を早く乾かす方法の1つは、サーキュレーターを利用することです。

サーキュレーターは空気の循環を促進し、湿った靴の中の水分を速やかに蒸発させます。これにより、靴の内部や表面の乾燥が迅速に進みます。適切な位置に設置することで、靴全体に均等に風を送り、効率的な乾燥をサポートします。

ドライヤーの冷風

濡れた靴を早く乾かす方法の1つは、ドライヤーの冷風機能を活用することです。

冷風は高温の熱風よりも靴の素材に優しく、変形や縮みの心配がありません。冷風で靴全体を均等に乾かすことで、水分を素早く蒸発させ、カビや臭いの発生を抑制します。適切な距離を保ち、均一な風を当てることで、効果的な速乾が期待できます。

シリカゲル乾燥剤

濡れた靴を早く乾かす方法の1つは、シリカゲル乾燥剤の利用です。

シリカゲルは湿気を吸収し、保持する性質があり、これにより靴内の余分な水分を効果的に取り除きます。シリカゲル袋を靴に挿入し、しばらく放置するだけで、湿気を素早く吸収し、靴を乾燥させます。靴の形状を損なわずに乾燥させるのに適しています。

乾燥機

濡れた靴を早く乾かす方法の1つは、乾燥機の利用です。

乾燥機は風を送り込んで靴の内部や外部の水分を効果的に蒸発させ、素早い乾燥を実現します。適切な温度と風量で靴を均等に乾燥させ、悪臭やカビの発生を抑制します。

また、多くの乾燥機は靴の形状を保持しながら乾燥させる特長があり、素材に優しい利用が期待できます。

カイロ

濡れた靴を早く乾かす方法の1つは、カイロの利用です。

カイロは暖房効果があり、これを靴の内部に挿入することで湿気を吸収し、温かさを提供します。カイロの暖かさは靴内を乾燥させ、冷えた靴を快適な状態に戻します。特に寒冷地域や冬季の濡れた靴に効果的です。

ただし、直接的な接触を避け、適切な位置に配置することが重要です。

靴の種類別におすすめの室内の乾かし方

靴の種類によっておすすめの靴の乾かし方は違ってきます。

この記事では、スニーカー、革靴、ブーツ、長靴の4つに分けてそれぞれの乾かし方を詳しく解説していきます。

スニーカー

スニーカーのおすすめの室内の乾かし方は、洗濯機で脱水するのがベストです。

中敷を外して、タオルで水気を取り、古いバスタオルに包んで脱水にかけます。または、洗濯機に入れる前に洗っておくと、綺麗になって一石二鳥になります。脱水時間は2〜3分でOK。

革靴

革靴のおすすめの室内の乾かし方は、 中敷きを外して、新聞紙を詰めることです。

新聞紙が靴の水分を取ってくれます。キッチンペーパーでも代用できます。新聞紙やキッチンペーパーを詰める時は、できるだけ隙間なく詰めるのがコツです。詰めた新聞紙やキッチンペーパーは、湿ってきたら取り替えます。

ブーツ

ブーツのおすすめの室内の乾かし方は、 中敷きを外して、新聞紙を詰めることです。

さらに、靴の外側と内側をタオルでよく拭き、水気を取った後にペットボトルに靴をさし、逆さまの状態にする方法もおすすめです。

まずは新聞紙を詰めてみて効果が感じられなかった場合、ペットボトルを使用しましょう。

長靴

長靴のおすすめの室内の乾かし方は、まず内部に古い新聞を詰め、余分な湿気を吸収させることです。

次に、通気性のある場所で風通しを確保し、長靴を逆さまに立てて乾かします。靴内に除湿剤やシリカゲルを入れても効果的です。直射日光や高温の場所は避け、湿度が低い環境でしっかりと乾かしましょう。

室内で靴を乾かす際の注意点

室内で靴を乾かす際の注意点は、大きく分けて3つあります。

  • 直射日光を当てない
  • 熱風のドライヤーを使わない
  • 湿度の高い場所に置かない

この3つがどうして注意点なのか詳しく解説していきます。

直射日光を当てない

室内で靴を乾かす際の注意点は、直射日光を当てないことです。

直射日光は革や素材を劣化させ、色褪せや変色の原因となります。靴を形崩れさせる可能性もあるため、陰干しや風通しの良い場所で乾燥させることが重要です。間接的な陽光や通気性のある環境でじっくりと時間をかけて靴を乾かすことで、靴を長く美しく保つことができます。

熱風のドライヤーを使わない

室内で靴を乾かす際の注意点は、熱風のドライヤーを使わないことです。

熱風は靴の素材を乾燥させすぎ、劣化や変形の原因となります。特に革製品では、熱による乾燥が革を硬くし、ひび割れや色落ちのリスクが高まります。代わりに冷風や室温の風でゆっくりと靴を乾かすことが理想的です。

湿度の高い場所に置かない

室内で靴を乾かす際の注意点は、湿度の高い場所に置かないことです。

湿度が高い環境では靴が十分に乾かず、カビや雑菌の繁殖を招く可能性があります。湿度が適切で通気性のある場所を選んで靴を乾かすことで、不快な臭いやカビの発生を予防し、靴の状態を良好に保つことができます。風通しの良い場所で靴を自然乾燥させることが理想的です。

靴を乾かす時間の目安

靴を乾かす時間の目安は、使用した乾燥方法や靴の素材によって異なります。

一般的に、新聞紙やキッチンペーパーを使用して通気性を確保し、扇風機やサーキュレーターで換気する場合は数時間で十分に乾燥します。

ただし、特に革製品や厚底の靴は乾燥に時間がかかることがあります。

靴を乾かすときの臭い対策

靴を乾かす際の臭い対策は、消臭効果のあるアイテムを活用することが重要です。

新聞紙や乾燥剤を靴に詰め込むと湿気を吸収し、臭いの原因となる雑菌の繁殖を防ぎます。

さらに、靴の通気性を確保するために、定期的に取り外し可能な中敷きを洗浄したり、靴を風通しの良い場所で保管することも臭い対策に寄与します。

靴を乾かすときのカビ対策

靴を乾かす時のカビ対策には、以下のポイントがあります。

湿気を避けるために、靴を完全に乾かすことが重要です。

乾燥剤や新聞紙を使用して湿気を吸収し、靴内部を乾燥させましょう。靴を乾かす場所は風通しの良い場所を選び、直射日光や高温の場所は避けます。靴箱や袋に入れず、通気性のある状態で保管することも大切です。

靴の型崩れや雨シミの直し方

靴の型崩れや雨シミの対処法は、以下の通りです。

型崩れには木製のシューズツリーを使用し、靴の形状を保持します。雨シミには、湿った布で優しく拭き取り、風通しの良い場所で自然乾燥させます。

型崩れや雨シミが残る場合は、専用のクリーナーやコンディショナーを使用して手入れし、その後乾燥させましょう。

室内での靴の乾かし方のまとめ

靴を乾かす前には汚れを落とし、水気を切ることが大切です。

濡れた靴を早く乾かす方法として、新聞紙、キッチンペーパー、ペットボトル、お風呂場、扇風機、サーキュレーター、ドライヤーの冷風、シリカゲル乾燥剤、乾燥機、カイロがあります。

靴の種類別におすすめの室内の乾かし方として、スニーカー、革靴、ブーツ、長靴を紹介しました。

靴を乾かす際の注意点は、直射日光を当てない、熱風のドライヤーを使わない、湿度の高い場所に置かないことです。

靴を乾かす時間の目安、靴を乾かすときの臭い対策、靴を乾かすときのカビ対策、靴の型崩れや雨シミの直し方についても紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

竹崎さんをフォローする
Shoes Kicker

コメント

タイトルとURLをコピーしました