革靴で足の甲が痛いときの6つの対処法!原因や予防も知って完璧!

新品の革靴を履いて歩いているときに、足の甲が痛くなるのはよくあることですよね。すごく辛いけど馴染むまでの我慢…そう考えてそのまま履き続けてしまう人がほとんどでしょう。

確かに新品の革靴は革がとても硬く足が痛くなるのは当然とも言えますが、1日中痛みを耐えているのはかなり辛いことです。

革靴で足の甲が痛いときは、ちょっとした対処法で痛みを軽減することが可能です。我慢せずに痛いと感じたときはすぐに実践しましょう。

今回は、革靴で足の甲が痛いときの対処法を紹介します。

また、足の甲が痛くなる原因や痛みを防ぐ方法なども紹介していきます。

革靴で足の甲が痛いときの対処法

 

革靴で足の甲が痛いときは、適切な対処を行えば痛みが軽減されます。

今回紹介する対処法は、以下の6つの方法です。

  • インソールを入れる
  • 靴紐の結び方を変える
  • 革靴が当たる部分にクリームを塗り込む
  • ストレッチミストを使用する
  • 市販のパッドで足の甲を保護する
  • 専門店で調整してもらう

詳しく解説していきます。

インソールを入れる

革靴で足の甲が痛くなる原因は足の甲が薄い場合、靴のアッパーと足の甲の間に大きな隙間ができて歩くたびに深いシワができてしまうことです。

インソールを入れると足の甲の位置を高くすることができるので靴と足がフィットして靴の甲部分にシワができにくくなり痛みがなくなります。

靴紐の結び方を変える

靴紐をクロスさせると足の甲の上に紐がいくつも重なって固定されます。この紐部分は硬く足の甲に当たると痛みを感じやすくなります。

靴紐をクロスさせずに結ぶと足の甲の上に紐が重ならずに空間が開きます。これにより足の甲と革の間に隙間ができ、痛みが緩和されます。

革靴が当たる部分にクリームを塗り込む

革靴の甲が当たる部分は、歩くたびに折りジワができ、痛みを引き起こします。

デリケートクリームを塗ることで、革を保湿しながら柔らかくすることができます。革が柔らかくなると、折りジワが伸びやすくなり、痛みが緩和されます。

ストレッチミストを使用する

革靴の甲の痛みは歩くたびに折りジワができて甲が革に圧迫されることが原因です。

ストレッチミストを吹きかけると革が柔らかくなって折りジワが伸びやすくなり痛みが緩和されます。ただし、エナメルやスエードなど革靴や毛足が長いスエードにはあまり効果は期待できません。

市販のパッドで足の甲を保護する

革靴の甲の痛みは、硬い革靴が足に与える衝撃が原因です。

足に直接貼るタイプのパッドを使用することで、この衝撃を軽減することができます。新品の革靴は特に硬く、甲だけでなく足全体が痛みやすいです。予め保護用のパッドを購入しておいたらすぐに使用出来るので安心です。

専門店で調整してもらう

専門店で甲に痛みがでないように革靴を調整してもらうのも良いでしょう。

修理専門店では靴の裏側にレザーパッチを貼るなどの加工を行ってくれます。値段の相場は大体1000円程度。自分で対処するよりも適切な処置とキレイな仕上がりが期待できます。

革靴で足の甲が痛くなる原因

足の甲が痛くなる原因は、靴のサイズや形状、革の硬さ、足の状態などによって異なります。

靴の甲の形状が足に合わっていない

革靴で足の甲が痛くなるのは、靴と足のサイズが合っていないことが原因です。

靴のサイズが足よりも大きいことで甲部分に履きジワができやすくなり、折れ曲がった部分が甲に当たり痛くなります。また、靴のサイズが小さい場合には甲が硬い革に当たることで痛みが起こりやすくなります。

革靴が硬くて足に馴染んでいない

革靴で足の甲が痛くなるのは、足に馴染んでいないことが原因です。

革靴は新品のときは革が硬くて足に合わないことが多いです。革靴を履くと革が足の形に徐々に馴染んでいきますが、その過程で足の甲に摩擦や圧力がかかります。

革靴を柔らかくする方法は6つ!誰でも出来る簡単な方法を紹介!
革靴を柔らかくする方法は、革用コンディショナーを使用、湿らせた新聞紙を詰める、シューストレッチャーを使う、ウォーキングによる自然な伸張をする、ヘアドライヤーの熱を利用する、専門の靴クリームやオイルを使用するなどがあります。

足の甲の筋力が弱い

足の甲の筋力が弱いのが、足の甲が痛くなるのが原因です。

足の甲の筋力が弱いと、足の甲が靴に対抗できなくなります。足の甲の筋力が弱いと、靴のサイズや形状、革の硬さに関係なく、足の甲に痛みや違和感が出やすくなります。

むくみや湿気

革靴で足の甲が痛くなるのは、むくみや湿気があるからです。

これで、足の甲が痛くなります。むくみや湿気があると、足の甲が膨らんで靴に圧迫されます。また、むくみや湿気があると、足の甲の皮膚が弱くなって炎症やかぶれが起こりやすくなります。

革靴で足の甲が痛いときにやってはいけないこと

革靴で足の甲が痛いときにやってはいけないことは以下になります。

  • 無理に履き続けること
  • 靴擦れ防止用のパッドやインソールを厚くすること
  • 靴下を厚くすること

これらのことをすると、足の甲の痛みを悪化させる可能性があります。

無理に履き続けること

革靴で足の甲が痛いときにやってはいけないことは無理に履き続けることです。

足の甲にさらに圧力や摩擦がかかります。これによって、足の甲の血行が悪くなったり、炎症や靴擦れが起こったりします。足の甲が痛いと感じたら、革靴を履くのをやめて、足の甲を休めてあげることが大切です。

靴擦れ防止用のパッドやインソールを厚くすること

革靴で足の甲が痛いときにやってはいけないことは靴擦れ防止用のパッドやインソールを厚くすることです。

靴擦れ防止用のパッドやインソールを厚くすると、足の甲に余計な隙間ができます。これによって、足が靴の中でずれやすくなり、摩擦が増えます。また、靴のサイズが合わなくなり、足の甲に圧力がかかります。

靴下を厚くすること

革靴で足の甲が痛いときにやってはいけないことは靴下を厚くすることです。

足の甲に余計な圧力がかかります。これによって、足の甲の血行が悪くなったり、炎症やかぶれが起こったりします。また、靴のサイズが合わなくなり、足が靴の中でずれやすくなります。

革靴での足の甲の痛みを防ぐ方法

足の甲の痛みを防ぐためには、自分の足と靴をしっかりとフィットさせる必要があります。

ここでは、足の甲の痛みを防ぐ方法について詳しく説明していきます。

自分に合った革靴を購入する

しっかりとフィッティングを行い自分に合った靴を購入するようにしましょう。

フィッティングの際は、革靴と足のフィット感を細かい部分までしっかりと確認して、最後には必ず歩いてみてください。歩いてみて違和感がないなら、自分の足にぴったり合っているということです。

革靴を馴染ませる

履く前にケアを行い革靴を馴染ませれば、足の甲の痛みは防げます。

足馴染みを早くするために、新品の靴には履く前にデリケートクリームを塗り込みましょう。そうすることで履いているうちに革靴が柔らかくなり、何もしないより早く足に馴染ませることができます。

革靴を履く際は靴とかかとを密着させる

革靴を履く際は、靴とかかとをしっかりと密着させましょう。

靴とかかとを密着させて履くことで、靴と足のフィット感が高まります。革靴を履くときは、まず足を靴にいれたらかかとを地面にトントンと当てて、ヒールカップに足のかかとをしっかり密着させてから靴紐をしっかり結び直すことがポイントです。

靴擦れ防止用のパッドやインソールを使用する

靴擦れ防止用のパッドやインソールを使用することも対処法のひとつです。

靴が足よりも大きい場合には、靴擦れ用パッド・インソールを使い靴と足の摩擦をなくすことで甲の痛みが軽減されます。靴の専門店やネットショップはもちろん、100均でも手に入れることが可能です。

自分でできなかった場合の手段

自分でできなかった時は、ユアマイスターに依頼するといった手段があります。

アマイスターで革靴を修理して、快適な履き心地を取り戻しましょう!

ユアマイスターの革靴修理サービス

  • 経験豊富な職人が、足の甲の痛みの原因を丁寧に診断
  • 足の形に合わせた調整で、ぴったりフィットする履き心地に
  • 素材に合った修理方法で、長く愛用できる靴に

ユアマイスターの強みは以下です。

  • 豊富な経験と技術を持つ職人が修理を担当
  • 全国どこからでも修理を依頼できる
  • 見積もり無料
  • 迅速な対応

足の甲の痛みで諦めていた革靴、ユアマイスターで蘇らせましょう!

今すぐ、無料見積もりを依頼!

 

革靴で足の甲が痛くなりにくい革靴の選び方

革靴で足の甲が痛くなりにくい革靴を選ぶには、ウィズが合う靴や靴紐やベルトがついている靴を選ぶことが大切です。足の甲に柔らかい革やクッション性のある素材が使われている靴もおすすめです。

これらの点に注意すれば、足の甲にフィットする革靴を見つけることができます。

ウィズが合う靴を選ぶ

革靴で足の甲が痛くなりにくい革靴を選ぶには、ウィズが合う靴を選ぶことです。

ウィズが合わないと、足の甲に圧力や摩擦がかかって痛みや違和感が出やすくなります。

靴紐やベルトがついている靴を選ぶ

革靴で足の甲が痛くなりにくい革靴を選ぶには、靴紐やベルトがついている靴を選ぶことです。

靴紐やベルトがついていないと、足の甲の高さや幅を自分で調節できません。足の甲に余計な隙間ができたり、足が靴の中でずれたりすることで、痛みや違和感が出やすくなります。

足の甲の部分が柔らかい革靴を選ぶ

革靴で足の甲が痛くなりにくい革靴を選ぶには、足の甲の部分が柔らかい革靴を選ぶことです。

足の甲の部分が硬い革靴は、足の甲にフィットしないことが多く、足の甲に圧力や摩擦がかかります。

足の甲の部分にクッション性のある素材が使われている靴を選ぶ

革靴で足の甲が痛くなりにくい革靴を選ぶには、足の甲の部分にクッション性のある素材が使われている靴を選ぶことです。

足の甲の部分にクッション性のない素材が使われている靴は、足の甲に当たると痛みや違和感が出やすいです。

靴紐やベルトがついている靴を選ぶ

靴紐やベルトがついている靴を選びましょう。

足の甲の痛みを防止するためには、しっかりと足と靴を固定することが重要です。靴紐やベルトのない革靴は足とのフィット感を調整することが難しいので、歩くたびに足が靴の中で動く状態になってしまいがちです。特に甲が薄い人はなるべく紐・ベルトのない靴は避けるようにしましょう。

ウィズ(足囲)の測り方

ウィズはメジャーさえあれば自分で測ることが可能です。

足の親指の付け根の骨が出っぱった部分から、小指の付け根の骨が出っぱっている部分までをメジャーで一周させ、軽く締め付けてから目盛りを読みましょう。立って行うことでより正確に測れるので、可能であれば誰かにお願いすると良いでしょう。

革靴で足の甲が痛いときの対処法のまとめ

今回は革靴で足の甲が痛いときの対処法について紹介しました。

革靴で足の甲が痛いときの対処法は以下の6つです。

  • インソールを入れる
  • 靴紐の結び方を変える
  • 革靴が当たる部分にクリームを塗り込む
  • ストレッチミストを使用する
  • 市販のパッドで足の甲を保護する
  • 専門店で調整してもらう

革靴で足の甲が痛くなってしまうのは、足と靴のサイズが合っていないことが大きな原因と考えられます。

靴が足よりも大きい場合には、インソールで底上げするなどしてサイズ調整を行いましょう。靴が窮屈な場合は、足に馴染ませるためにクリームで革を柔らかくすると良いでしょう。

自分に合った革靴を選ぶことで、足の甲が痛くなることはなく快適に履くことができます。しっかりとフィッティングを行い、足の長さだけでなくウィズが靴と合っているかどうかも確認してから購入しましょう。

革靴
adminをフォローする
Shoes Kicker

コメント

タイトルとURLをコピーしました