革靴でかかとが浮くときの7つの対処法!6つの応急措置や注意点!

革靴はフォーマルな場面でよく履かれる靴ですが、サイズや形状によってはかかとが浮いてしまうことがあります。

かかとが浮くと歩きにくくなったり、靴擦れ、靴の寿命が短くなってしまう可能性があります。

そこでこの記事では、革靴でかかとが浮くときの対処法を詳しく紹介していきます。

革靴でかかとが浮くときの対処法

革靴でかかとが浮くときの対処法は、大きく分けて7つあります。

  • 正しい履き方をする
  • インソールを入れる
  • かかとパッドを貼る
  • 厚手の靴下を履く
  • 靴紐やベルトで足を固定
  • 専門店でサイズ調整
  • 靴のサイズを交換する

この7つの対処法についてそれぞれ解説していきます。

正しい履き方をする

革靴でかかとが浮くときの対処法は、正しい履き方をすることが1番大切です。

靴べらを使って履くことや靴紐をしっかり結ぶ、足をねじ込んだり、つま先をとんとんしないといった履き方を守ることで革靴のかかとの芯材がへたったり、靴擦れを起こしたりするのを防ぐことができます。

インソールを入れる

革靴でかかとが浮く対処法は、インソールを入れる方法があります。

インソールで足のサイズや形状に合わせて調整することで、革靴でかかとが浮くときの対処法として効果的です。革靴の場合は、蒸れやすく、底が薄く硬いので、通気性や消臭機能があるインソールや衝撃吸収性やクッション性に優れたインソールがおすすめです。

かかとパッドを貼る

革靴でかかとが浮く対処法は、かかとパッドを貼る方法があります。

かかとパッドで靴のサイズや形状に合わせることで革靴でかかとが浮くことや足の疲れ、痛みなども防ぐことができます。革靴は、かかとが硬く滑りやすいので、柔らかくて滑りにくい素材のかかとパッドを選びましょう。

厚手の靴下を履く

革靴でかかとが浮く対処法は、厚手の靴下を履く方法があります。

厚手の靴下を履くことで、足と靴の隙間を埋めてフィット感を高めたり、靴の中に空気の層を作って保温効果を得ること、足にかかる衝撃や摩擦を緩和することができます。靴下選びのポイントは締め付けが強すぎず、足首までカバーできるものです。

靴紐やベルトで足を固定

革靴でかかとが浮く対処法は、靴紐やベルトで足を固定する方法があります。

かかとが浮くことを防ぐことができ、歩きやすさや安定性を維持することにも効果的です。固定する際は、しっかり締めることに注意し、靴紐はヒールロックやクロスパターンにし、靴紐の端は切り落として処理するのがおすすめです。

専門店でサイズ調整

革靴でかかとが浮く対処法は、専門店でサイズ調整する方法があります。

靴のサイズが大きすぎるとかかとが浮いてしまうため、他の方法で改善できない時に有効な方法です。専門店では、靴のかかと部分に革を縫い付けて、靴のサイズを調整してくれます。

靴のサイズを交換する

革靴でかかとが浮く対処法は、靴のサイズを交換する方法があります。

靴のサイズを交換することで、革靴でかかとが浮く問題を解決できるかもしれません。しかし、足の長さだけでなく、幅や高さを考慮する必要があり、時間帯や気温によってサイズか変わってしまうことがあります。交換できる期間や条件が店舗により異なるので事前に確認しましょう。

かかとが浮く対策の注意点

かかとが浮く対策の注意点は、適切な行動をすることです。インソールやかかとパッドのサイズが合っていないと、足の負担になり、靴擦れが起こります。靴下を履く場合は、靴の素材が伸びる危険性があります。靴紐をしっかり閉める場合は、足の血行を妨げ痛みが生じる可能性があります。

革靴でかかとが浮くときの応急処置

革靴でかかとが浮くときの応急処置は、6つあります。

  • 厚手の靴下を履く
  • 前半分の中敷きを入れる
  • シュータンパッドを貼る
  • つま先にティッシュや絆創膏を詰める
  • 靴紐をきつく絞める
  • 中敷きを入れる

この6つの応急措置について解説していきます。

厚手の靴下を履く

革靴でかかとが浮くときの応急処置は、厚手の靴下を履くことが効果的です。

厚手の靴下を履くことで、足の縦横幅が一回り大きくなり、靴の中の空間を埋めることができます。これによって、かかとが浮いてしまう部分をカバーすることができます。応急措置におすすめできる方法です。

前半分の中敷きを入れる

革靴でかかとが浮くときの応急処置は、前半分の中敷きを入れる方法があります。

前半分の中敷きを入れることで、靴の中の空間を狭めることができ、足が前に滑りにくくなることで、かかとが浮きにくくなります。中敷きは、100円ショップなど手に入りやすく、自分の足に合わせてカットできる点もおすすめできます。

シュータンパッドを貼る

革靴でかかとが浮くときの応急処置は、シュータンパッドを貼る方法があります。

シュータンパッドは、様々な材質やサイズがあり、自分の靴のベロのサイズや形に合わせて選ぶことが大切です。また、シュータンパッドを貼る位置や角度も調整することができるため、様々な悩みに対応できます。

つま先にティッシュや絆創膏を詰める

革靴でかかとが浮くときの応急処置は、つま先にティッシュや絆創膏を詰める方法があります。

つま先にティッシュや絆創膏を詰めることで、靴の中に空間ができるのを防ぎ、足が靴の中で前に滑りにくくなります。そのためかかとが浮きにくくなります。ティッシュや絆創膏は、持ち運びしやすく手に入りやすいのでおすすめです。

靴紐をきつく絞める

革靴でかかとが浮くときの応急処置は、靴紐をきつく絞める方法があります。

靴紐をきつく絞めることで、靴の甲部分を足に密着させることができます。これにより、足が靴の中で滑りにくくなり、かかとが浮きにくくなります。きつく締めすぎると痛みの原因にもなるので気をつけましょう。

中敷きを入れる

革靴でかかとが浮くときの応急処置は、中敷きを入れる方法があります。

中敷きを入れることで、靴の底を高くして、靴の中の空間を狭めることができ、かかとが浮きにくくなります。中敷きは、前半分だけのタイプなど、様々な種類があります。中敷きをハサミでカットして調整することも可能で自分のサイズに合わせることができます。

サイズ調整に使いやすいインソールの種類

サイズ調整に使いやすいインソールの種類は、大きく分けて2つあります。

  • ハサミでカットできるインソール
  • 薄手でフィット感の高いインソール

この2つの種類にどんな違いがあるのか、それぞれ詳しく解説していきます。

自分に適したインソールを発見しましょう。

ハサミでカットできるインソール

サイズ調整に使いやすいインソールとしてハサミでカットできるインソールがあります。

インソールをハサミでカットしてサイズ調整することは可能です。カットしすぎるとインソールが崩れたり、靴のフィット感が悪くなったりする可能性があるので、注意が必要です。自分の足のサイズに合わせて少しづつカットしていきましょう。

薄手でフィット感の高いインソール

サイズ調整に使いやすいインソールは薄手でフィット感の高いインソールがあります。

薄手のインソールは、靴の中に入れても圧迫感が少なく、足にフィットしやすいため、歩行時の安定感も高まります。また、薄手のインソールは、靴の中に入れても靴のサイズが大きく変わらないため、靴のフィット感を損なうことがありません。

かかとが浮く原因

かかとが浮く原因は以下のようなものが考えられます。

  • サイズが合っていない
  • 間違った履き方をしている
  • 形状や素材に問題がある

この3つのかかとが浮く原因について詳しく解説していきます。

サイズが合っていない

かかとが浮く原因は、サイズが合っていないことが考えられます。

サイズが合っていないとかかとが浮く原因になるとともに靴擦れや足の痛み、足の疲れ、足の指が痛くなる、足の指が変形するなど様々な問題が発生する可能性があります。 ブランドや生地の種類によってサイズ感は異なるので気をつけましょう。

間違った履き方をしている

かかとが浮く原因は、間違った履き方をしていることが考えられます。

例えば、靴を履く前に靴下を履かない、靴を履く前に足を拭かない、靴を履く前にかかとを踏んで靴を履く、などが間違った履き方として挙げられます。間違った履き方をすると、足に負担がかかり、怪我をする可能性があるため注意が必要です。

形状や素材に問題がある

かかとが浮く原因は、形状や素材に問題があることが考えられます。

靴の形状には、ブーツ、ローファー、モカシン、オックスフォード、デッキシューズ、エスパドリーユなどがあり、靴の素材には、天然皮革、合成皮革、スウェード、綿、麻、キャンバス、ゴム、合成繊維など多種多様にあります。

かかとが浮きやすい靴の特徴

かかとが浮きやすい靴の特徴は大きく分けて3つあります。

  • かかとが浅い
  • かかとに滑りやすい素材が使われている
  • 靴紐やベルトがついていない

この3つの特徴がどうしてかかとが浮きやすい靴なのか詳しく解説していきます。

かかとが浅い

かかとが浮きやすい靴の特徴は、かかとが浅いことが挙げられます。

かかとが浅い靴は、かかと部分が薄いため、クッション性が低く、足に負担がかかることがあります。そのため、かかとが浅い靴を選ぶ場合は、かかとインソールを使用することをおすすめします。

かかとに滑りやすい素材が使われている

かかとが浮きやすい靴の特徴は、かかとに滑りやすい素材が使われていることが挙げられます。

一般的に革製品は滑りにくく、ゴム製品は滑りやすい傾向があります靴のかかと部分に滑り止めを施したり、かかとインソールを使用することで、滑りを防ぐことができます

靴紐やベルトがついていない

かかとが浮きやすい靴の特徴は靴紐やベルトがついていないことが挙げられます。

このような靴は、履きやすく、脱ぎ履きが簡単であることが履きやすさはありますが、紐やベルトがない分、足と靴の間に空気が含まれるためかかとが浮きやすい傾向にあります。足に合うものをしっかり選ぶのが賢明です。

自分に合った革靴の選び方

自分に合った靴の選び方は、大きく分けて4つあります。

  • 足のサイズの測り方
  • 時間帯の選び方
  • 革靴のサイズ表記と実寸サイズの違い
  • 革靴の試し履きとフィット感の確認方法

この4つの靴の選び方について詳しく解説していきます。

足のサイズの測り方

足のサイズの測り方は自宅でも可能です。足長は、かかとの後端から最も長い足指の先端までの距離を測定します。

足囲は、親指根元の骨が出っ張ったところと、小指根元の骨が出っ張ったところを結んだ周囲を測定します。足幅は、足長の測定をするときと同じ姿勢の足の踏み付け部の第1指と第5指のそれぞれの付け根に接する垂線間の水平距離を測定します。

革靴のサイズの選び方!重要なポイントは3つ!合わない時は?
革靴のサイズの選び方について詳しく解説します。革靴のサイズ選びのポイントやコツ、注意ポイント、対処法などを紹介します。また、革靴とスニーカーのサイズ感の違いについても説明します。

時間帯の選び方

自分に合った靴を選ぶには時間帯も重要です。

足がむくんでいる状態で試着すると、より自分に合った靴を選びやすくなります。 一般的には、午後から夕方にかけて足がむくみやすいため、その時間帯に試着すると良いとされています。ただし、足のサイズは個人差があるため、試着して自分に合ったサイズを選ぶことが大切です。

革靴のサイズ表記と実寸サイズの違い

革靴のサイズ表記と実寸サイズの違いを知っておくことが大切です。

革靴は、つま先部分に1.5cmほどの余裕を持たせています。靴の中でつま先が先に当たっている状態では、フィッティングは小さいです。足が前に動いてもつま先が当たることはないように設計されています。革靴をスニーカーサイズと同じ感覚で履くと大きすぎてしまいます。

革靴の試し履きとフィット感の確認方法

革靴の試し履きには、かかととヒールカップのフィット感を確認することが大切です。

ヒールカップの形状が緩いと歩きにくく、きつすぎると靴ずれの原因になることがあります。ボールジョイントといった足が左右に一番広い部分では、靴とのフィット感が合っていないと靴ずれの原因や歩きにくさにつながることがあります。

革靴を選ぶ際の注意点

革靴を選ぶ際の注意点は大きく分けて2つ挙げられます。

  • フィッティングは夕方以降
  • いつもと同じ靴下

これらの2つのことがなぜ革靴を選ぶ際の注意点になるのか詳しく解説していきます。

フィッティングは夕方以降

革靴を選ぶ際の注意点は、フィッティングは夕方以降にすることです。

革靴を選ぶ際には、夕方以降の時間帯が理想的です。一日の行動パターンによって足の大きさは微妙に変化していくため、足の大きさが最大値を示す時にフィッティングをすることが重要です。革靴を選ぶ際には、自分の足のかたちやサイズを知った上で選ぶことが大切です。

いつもと同じ靴下

革靴を選ぶ際の注意点は、いつもと同じ靴下にすることです。

靴下の厚さは革靴のフィット感に影響を与えるため、革靴に合わせた厚さの靴下を選ぶことが重要です。いつもと同じ靴下を履くことで、より快適な履き心地を実現できます。革靴に合う靴下を選ぶ際には、厚さや素材に注目し、自分に合った靴下を選びましょう!

革靴でかかとが浮くときの対処法のまとめ

革靴でかかとが浮くときの対処法には、正しい履き方、インソールを入れる、かかとパッドを貼る、厚手の靴下を履く、靴紐やベルトで足を固定、専門店でサイズ調整、靴のサイズを交換するなどがあります。

かかとが浮く原因は、サイズが合っていない、間違った履き方をしている、形状や素材に問題があるなどがあります。

革靴を選ぶ際には、自分の足のサイズを測り、時間帯にも注意し、靴の試し履きとフィット感の確認を行うことが大切です。

革靴を履く際には、靴下の色や柄は自由に選ぶことができますが、靴紐やベルトで足を固定することが重要です。

革靴でかかとが浮くときの応急処置には、厚手の靴下を履く、前半分の中敷きを入れる、シュータンパッドを貼る、つま先にティッシュや絆創膏を詰める、靴紐をきつく絞める、中敷きを入れるなどがあります。

革靴でかかとが浮くときの対処法には、インソールやかかとのクッションを入れて足と革靴をフィットさせることが重要です。

革靴
adminをフォローする
Shoes Kicker

コメント

タイトルとURLをコピーしました